芸能

北村弁護士「行列のできる法律相談所」で見せた“友情の笑み”がホッコリもの!

 久々の対決に当人たちも満足!?

 12月17日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に、番組スタート当初に最強の弁護士軍団の一角を担っていた現参議院議員の丸山和也氏が10年ぶりに出演した。

 この日は放送700回記念というスペシャル回とあって、丸山氏が登場したわけだが、丸山氏といえば、初回放送から現在まで約15年番組に出演している北村晴男弁護士と口論をするのがかつての定番であったことは有名な話。同回では丸山氏は法律問題の判定にも久々に加わったわけだが、北村氏をはじめ、菊地幸夫弁護士、本村健太郎弁護士の3名と違った判定をただ1人だけしたことにより、因縁のバトルに発展。

 丸山氏は「10年ぶりに来ましたけど、(3人の弁護士は)ほとんど進化してないですね。ガッカリしました」と、3名の弁護士に対していきなりの失礼発言をかまし、宣戦布告。しかし、北村氏も「丸山さんは弁護士に向いてないから議員になった方ですから」と、負けじと反発。さらに「相変わらず無理ですね」と、徹底的に批判し、昔さながらの熱い口論を見せてくれた。

 ただ、討論が一通り終わった最後に、久しぶりに北村氏と言い合った感想を聞かれた丸山氏は「良いライバルでもあったし、最初を思い出す。議論しながらでもね、血が通うような感じがして非常に嬉しかったです」と、さきほどまでと180度違ったコメントを披露。これには思わず険しい顔をしていた北村氏からも満面の笑みがあふれていた。

 その表情の変化に視聴者からは「北村弁護士、めっちゃ嬉しそう」「不覚にも可愛いと思ってしまった」「北村弁護士は絶対に丸山さんのこと好きだろ」「また2人のバトルが見れて、見てる側のこっちも嬉しくなった」と、2人の関係性を見ていて、ホッコリしたという意見が多数見られていた。

「番組史上歴代1位の視聴率を獲得した05年の『24時間テレビ』(日テレ系)で、丸山氏はチャリティーマラソンのランナーを務め、ゴールした時には感動の熱いハグを北村氏と交わし、北村氏も感動のあまり丸山氏を突然、肩車したりもしていました。その時に2人の仲は一気に深まったようですね。現在、北村氏は丸山氏にお中元、お歳暮と年に2回贈り物をしているそうですし、熱い絆で結ばれているんですね」(エンタメ誌ライター)

 まさに好敵手というにふさわしい2人の関係性。また、丸山氏が番組に出演し、熱いバトルを再び見せてくれる日が来ることを期待したい。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
山田邦子「松ちゃんの性格はわかってるんで」/テリー伊藤対談(2)