スポーツ

“プロ野球”監督よりコワイ「猛妻烈伝」(2)落合博満のフィクサーは信子夫人

 三度の三冠王に輝いた落合博満氏(64)の妻・信子夫人(73)もメディアに数多く登場した猛妻として有名だが、彼女がサッチーと最接近する場面があった。

「96年オフ、清原のFA移籍に伴い、落合が巨人を出ることになり、実は、最初に声がけをしたのはノムさんでした。交渉の席では和やかに話が弾み、ノムさんには手応えがあった。ヤクルト内はサッチーと信子夫人の“最強タッグ結成”の可能性に戦々恐々としていました」(スポーツ紙デスク)

 その信子夫人は、現役選手の時と同様、中日監督時代の夫も巧みに操縦していた。夫妻の知人が明かす。

「シーズン中に落合さん宅を訪ねると、その日はナイターで、22時過ぎに自宅の電話が鳴ったんです。信子夫人が受話器を取ると、落合監督からだったようで、『お疲れ様。今日は勝ったの? よかったじゃない』と話し始めた。そして特定の選手の名前をあげ、『使ったの? そう。偉いじゃない。特に鍛え上げた選手はちゃんと試合に出す。いい監督だよ。結果出した? すばらしいわ』と監督をホメたたえていた。まるで、“総監督”への報告でした」

 落合氏は、星野仙一氏との不仲説が根強くささやかれてきた。かつて、スポーツ紙記者が信子夫人に「星野さんのこと嫌いなんですか?」と直球の質問をしたら、「当たり前じゃない。好きになったら不倫でしょ」とみごとな切り返しで、夫の評判を落とさずに矛を収めたという。

 続いて、巨人の高橋由伸監督(42)は、「文春砲」で元日本テレビアナ・麻衣夫人(42)の逆鱗に触れた。

「15年に『4P不倫疑惑』を報じられ、結婚当初から『不倫は絶対に許さない』と口にしていた麻衣夫人に厳しく叱られ、何度も謝罪した。結局、夫人が許した決め手は、相手が自分よりも容姿が劣るブスだと周囲に聞かされたからと言われています」(巨人番記者)

 同じく週刊誌報道で一般人の美人妻を激怒させてピンチを迎えたのが、マリナーズ・岩隅久志(36)だ。

「6年前に『“車チュー”不倫疑惑』を報じられ、激怒した奥さんは『あの女が乗っていたベンツでしょ!』と、愛車を廃車にさせました‥‥」(スポーツライター)

 監督よりコワイ妻に、逆らえるわけがなさそうだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
5
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?