スポーツ

「山下りの忍者」も!?箱根駅伝は10年に一度の大混戦で“裏知識”がオモシロい

 日本の正月といえば箱根駅伝。初春の箱根路を精鋭20校と関東学生連合が2018年1月2日と3日に駆け抜ける。今季の「大学3大駅伝」は、「出雲路」が東海大、「伊勢路」を神奈川大が制し、4連覇に挑む青学大は2位、3位だった。第94回大会は、往路、復路、総合の優勝校がすべて異なる「10年に一度の大混戦」となりそうだ。

「どこもレベルが上がっている。戦国時代ですよ」

 こう話すのは、昨季の箱根駅伝を制し、3連覇を達成した青山学院大学の名将・原晋監督(50)だ。スポーツ紙デスクが解説する。

「11月の全日本大学駅伝後のことです。前季は大学3大駅伝(出雲、全日本=伊勢路=、箱根)の3冠に輝き、箱根は往路と復路を制しての完全優勝でしたが、今季は無冠。ダブル看板の一人・下田裕太【4】(=学年、以下同)の調子が上がってこない」

 ただ、もう1人の支柱の田村和希【4】は、出雲、全日本ともに区間トップと安定した走りを見せた。スポーツライター・折山淑美氏の見立てはこうだ。

「2強プラスワンと見ています。1万メートルやハーフマラソンの記録や経験などの総合力から青学と、出雲の覇者の東海大学、そこに全日本を制した神奈川大学が絡んできた。特に東海大はスピード力があり、往路から一気に飛び出して逃げ切ってもおかしくない。とはいえ、それぞれに絶対エースの不在や山の上り下りへの不安なども抱え、波乱が起きても驚きません」

 2代目“山の神”の柏原竜二氏をスカウトし、成長を見続けてきた東洋大学陸上競技部・長距離部門の佐藤尚コーチも「今回は3つのタイトルが別々の優勝校になってもおかしくない」と話す。過去、往路、復路、総合の各優勝校がすべて異なるケースは7回あり、1974年は日本体育大学の6連覇阻止、06年は駒澤大学の5連覇の夢が破れた。今回は10年に一度の大波乱の可能性も!?

 12月26日発売の「週刊アサヒ芸能」1月4・11日号には、このほか「復路のカギは下りの忍者」「タイムを縮めるシューズ」など、「箱根駅伝」“オモシロ裏知識”厳選10を徹底取材して紹介している。観戦の前に読んでおけば、その楽しさが増えることは、10倍といわず100倍になる!?

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【球界爆笑秘話】ボールがアレに当たって悶絶する捕手に長嶋茂雄が放った「まさかのオヤジギャグ」
2
事務所が猛抗議!「星野源W不倫10億円もみ消し」仰天暴露投稿に挙がった「NHK美女アナ」の名前
3
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン
4
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
5
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから