スポーツ

「山下りの忍者」も!?箱根駅伝は10年に一度の大混戦で“裏知識”がオモシロい

 日本の正月といえば箱根駅伝。初春の箱根路を精鋭20校と関東学生連合が2018年1月2日と3日に駆け抜ける。今季の「大学3大駅伝」は、「出雲路」が東海大、「伊勢路」を神奈川大が制し、4連覇に挑む青学大は2位、3位だった。第94回大会は、往路、復路、総合の優勝校がすべて異なる「10年に一度の大混戦」となりそうだ。

「どこもレベルが上がっている。戦国時代ですよ」

 こう話すのは、昨季の箱根駅伝を制し、3連覇を達成した青山学院大学の名将・原晋監督(50)だ。スポーツ紙デスクが解説する。

「11月の全日本大学駅伝後のことです。前季は大学3大駅伝(出雲、全日本=伊勢路=、箱根)の3冠に輝き、箱根は往路と復路を制しての完全優勝でしたが、今季は無冠。ダブル看板の一人・下田裕太【4】(=学年、以下同)の調子が上がってこない」

 ただ、もう1人の支柱の田村和希【4】は、出雲、全日本ともに区間トップと安定した走りを見せた。スポーツライター・折山淑美氏の見立てはこうだ。

「2強プラスワンと見ています。1万メートルやハーフマラソンの記録や経験などの総合力から青学と、出雲の覇者の東海大学、そこに全日本を制した神奈川大学が絡んできた。特に東海大はスピード力があり、往路から一気に飛び出して逃げ切ってもおかしくない。とはいえ、それぞれに絶対エースの不在や山の上り下りへの不安なども抱え、波乱が起きても驚きません」

 2代目“山の神”の柏原竜二氏をスカウトし、成長を見続けてきた東洋大学陸上競技部・長距離部門の佐藤尚コーチも「今回は3つのタイトルが別々の優勝校になってもおかしくない」と話す。過去、往路、復路、総合の各優勝校がすべて異なるケースは7回あり、1974年は日本体育大学の6連覇阻止、06年は駒澤大学の5連覇の夢が破れた。今回は10年に一度の大波乱の可能性も!?

 12月26日発売の「週刊アサヒ芸能」1月4・11日号には、このほか「復路のカギは下りの忍者」「タイムを縮めるシューズ」など、「箱根駅伝」“オモシロ裏知識”厳選10を徹底取材して紹介している。観戦の前に読んでおけば、その楽しさが増えることは、10倍といわず100倍になる!?

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
2
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
3
「Gバスト」森咲智美、激艶ソロキャンプ動画に「違うカップを想像」声とは?
4
白石麻衣 ケーキ実食「放送事故」で見せた「裏の顔」
5
伊藤健太郎「ガールズバー泥酔大放言」を実況