スポーツ

大谷翔平を待ち受けるメジャーの「地雷原」(1)二刀流は実現するのか?

 米メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスへの移籍が決まった大谷翔平(23)。その期待値は日米ともに大きな盛り上がりを見せる一方で、メジャーならではの“試練”も待ち受けているのだ。

 大谷がメジャー7球団との面談の末に選んだ移籍先は、まさかのエンゼルスだった。労使協定の「25歳ルール」が適用された大谷は、外国人選手の契約金の厳しい上限規定に縛られるため、最終的に、大谷が入団条件として考慮したのは、二刀流への挑戦が許されるのと、よりよい環境が提示されることだった。こうした条件にいち早く応えたのが、エンゼルスだった。交渉段階から具体的な二刀流プランを提示したばかりか、メジャーでは異例となる先発投手6人ローテーションを採用(通常は5人ローテーション)。中5日の間隔を作り、その間に大谷をDHで起用する方針を示したのだ。

 まさに三顧の礼を尽くしたエンゼルスの待遇に、全米では早くも二刀流の成否に注目が集まっている。

「あれだけの争奪戦を繰り広げたわけですから、表向きは二刀流起用を示唆していますが、実際のところは投手をメインに考えているはずです」

 こう語るのは、長くメジャーリーグを取材しているスポーツライターのAKI猪瀬氏だ。

「大谷のように160キロ近い直球を持つ投手がメジャーに移るのは、今がいちばんいいタイミングです。ここ数年、メジャーではツーシームやカットボールといった打者の手元で沈む変化球が全盛でした。その対策のため、昨年あたりから打者がすくい上げるようなスイング(アッパースイング)で対応するようになった。今年、メジャーの本塁打数が過去最多を記録したのは、その影響です。その一方で、アッパースイングでは対応しづらい高めの速球を武器にする投手は成功しています」

 つまり大谷の速球はメジャーにとっても実に魅力的に映っているというのだ。

 メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏は、「投手大谷」にとって、エンゼルスという選択は悪くなかったと話す。

「とにかく、このチームにはロクな先発投手がいない。今季、2桁勝利をあげているのは11勝のJ・C・ラミレスと10勝のパーカー・ブライドウェルの2人だけ。その次は6勝止まりです。故障上がりの投手も多いため、質より量のローテーションを組まざるをえない。大谷の実力を考えれば、間違いなくローテの中心として扱われるでしょう」

 では、打者としてはどうか。日本ハム時代と同じように通用するかといえば、話はそう簡単ではない。「最大の壁」としてあげられるのが、メジャー投手の内角攻めだ。

「メジャーリーグでは、投手に対しては厳しい内角攻めはしないという暗黙の了解がある。しかし、DHとして出場する場合は一打者として扱いますから、遠慮なく内角に投げてくる。注目の新人であればなおさらです」(友成氏)

 ちなみに、大谷が日本ハム在籍の5年間で受けた死球は、わずかに4個。

「腰から上に当てられたのは1回だけ(後背筋)で、その時の投手は広島のジョンソン。日本人投手には、球界の宝である大谷には当ててはいけないという空気が少なからずあったようですが、外国人は右投手の命とも言える右肘への死球もいとわない」(球界関係者)

 日本で厳しい内角攻めに慣れていない大谷にとって“忖度”しないメジャー投手への対応は大きな課題となりそうだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
5
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!