芸能

松居一代 ガッツポーズ離婚で「地上波」から出禁扱い

「12月13日、第2回目の調停で、おかげさまでたいへんうれしく、そして喜ばしいことなんですけれども、離婚が成立しました! やりました!」

 報道陣からカメラのフラッシュが煌々とたかれる中、ガッツポーズを繰り出した松居一代(60)。17年12月15日に開かれた「報告会見」での、高らかな勝利宣言を見て、はて、離婚を要求していたのは、元夫の船越英一郎(57)ではなかったのか、と思ってしまうが、

「そもそも、離婚調停申立書を提出したのは船越側です。主張が逆転していた点も含めて、近年屈指のおもしろい会見でしたね」

 こう振り返る芸能評論家の佐々木博之氏が、会見現場でかいま見た松居の“タレント魂”を明かす。

「会見では終始、笑みを絶やさず、余裕をうかがわせていたのですが、途中で後ろを向いて水を飲んだんです。私は会見場の脇のほうにいたから見えたのですが、その時の顔が、疲れたような、怒っているような、非常に険しいものでした。それが、振り向いた時にはもうニッコニコで。やはり彼女は稀代のパフォーマーですよ」

 気になる松居の今後について、民放局関係者が占う。

「船越さんの所属事務所、ホリプロが松居を名誉毀損で訴えた裁判がまだ残っており、同社のタレントが共演NGになることで、大方の地上波番組からは出禁扱いを受けることは間違いありません。『マツイ棒』など主婦向けのグッズ販売も一連の騒動で客離れは必至。しばらくは本人が『本業』と公言する投資活動がメインになるのでは」

 他方、前出の佐々木氏は異なる展開を予想する。

「テレビというのは、どんな変わり者でも受け入れる余地がある。さすがに今すぐとはいきませんが、裁判が終わってほとぼりが冷めた頃にオファーを出すバラエティ番組はあると思います。ゴールデンタイムは無理としても『深夜タレント』なら十分生き残れますよ」

 サスペンスドラマも顔負けの「松居劇場」に第2章はあるのか──。松居本人に問うべく、記者は都内の自宅を直撃。インターホン越しに「はーい」と松居の声が聞こえたところで取材を申し込むと、

「お話しすることは何もありませんよ。元気でやっておりますので。どうもありがとうございます」

 こう告げるや、一方的に通話を打ち切ってしまった。

 はたして、次なるワンマンショーの舞台は‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!