芸能

松居一代 ガッツポーズ離婚で「地上波」から出禁扱い

「12月13日、第2回目の調停で、おかげさまでたいへんうれしく、そして喜ばしいことなんですけれども、離婚が成立しました! やりました!」

 報道陣からカメラのフラッシュが煌々とたかれる中、ガッツポーズを繰り出した松居一代(60)。17年12月15日に開かれた「報告会見」での、高らかな勝利宣言を見て、はて、離婚を要求していたのは、元夫の船越英一郎(57)ではなかったのか、と思ってしまうが、

「そもそも、離婚調停申立書を提出したのは船越側です。主張が逆転していた点も含めて、近年屈指のおもしろい会見でしたね」

 こう振り返る芸能評論家の佐々木博之氏が、会見現場でかいま見た松居の“タレント魂”を明かす。

「会見では終始、笑みを絶やさず、余裕をうかがわせていたのですが、途中で後ろを向いて水を飲んだんです。私は会見場の脇のほうにいたから見えたのですが、その時の顔が、疲れたような、怒っているような、非常に険しいものでした。それが、振り向いた時にはもうニッコニコで。やはり彼女は稀代のパフォーマーですよ」

 気になる松居の今後について、民放局関係者が占う。

「船越さんの所属事務所、ホリプロが松居を名誉毀損で訴えた裁判がまだ残っており、同社のタレントが共演NGになることで、大方の地上波番組からは出禁扱いを受けることは間違いありません。『マツイ棒』など主婦向けのグッズ販売も一連の騒動で客離れは必至。しばらくは本人が『本業』と公言する投資活動がメインになるのでは」

 他方、前出の佐々木氏は異なる展開を予想する。

「テレビというのは、どんな変わり者でも受け入れる余地がある。さすがに今すぐとはいきませんが、裁判が終わってほとぼりが冷めた頃にオファーを出すバラエティ番組はあると思います。ゴールデンタイムは無理としても『深夜タレント』なら十分生き残れますよ」

 サスペンスドラマも顔負けの「松居劇場」に第2章はあるのか──。松居本人に問うべく、記者は都内の自宅を直撃。インターホン越しに「はーい」と松居の声が聞こえたところで取材を申し込むと、

「お話しすることは何もありませんよ。元気でやっておりますので。どうもありがとうございます」

 こう告げるや、一方的に通話を打ち切ってしまった。

 はたして、次なるワンマンショーの舞台は‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小西真奈美、美しすぎる逆光バストショットに絶賛の声!サイズもアップか!?
2
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
3
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
4
アンタッチャブル柴田“タメ口タレントってどうなの?”発言にネット大喝采
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?