芸能

紅白「視聴率ワースト3位」もNHK関係者が明かす“救世主”はこの2人!

 昨年の大みそかに放送された「第68回NHK紅白歌合戦」の視聴率が歴代ワースト3位だったことが、ビデオリサーチの調べで判明した。午後7時15分からの第1部の平均視聴率が35.8%、午後9時からの第2部でも40%に届かない39.4%(いずれも関東地区)だった。NHKが交渉を重ねて実現した安室奈美恵が出演するなど、例年に比べても注目度の高かった紅白だが、なぜ視聴率は振るわなかったのか──。

「裏番組のテレ東に年配層を持っていかれたのが痛かったですね」と語るのは同局の関係者。同日にテレビ東京系列で午後4時から6時間に渡って放送されていたのが、平均視聴率8.4%をマークした「第50回年忘れにっぽんの歌」。この関係者によれば、氷川きよしら紅白出場歌手のほか、山本譲二、美川憲一、北島三郎といった「“より紅白っぽい”歌手がテレ東に多数出ていたため、視聴者を奪われた」と指摘する。

 さらに同関係者は「総合司会の内村光良さんが仕切るNHKのコント番組『LIFE!』のキャラクターによる演出がこの番組を知らない層を離脱させたのでは」と指摘する一方で「紅白審査員を務めた吉岡里帆さん、高橋一生さんには数字的に相当救われたと思いますよ」と語る。

 なぜ吉岡と高橋に救われたのか──。

「今回の紅白では従来と審査員席の場所を変えていて、放送中ずっとMCの後ろに見栄えのいい吉岡さんと高橋さんが映るようにしていたんです。常時お二人が映っていることに関してSNSでの反響も大きく、『数パーセント、数字が底上げされたのでは』と見る局員もいます」(前出・NHK関係者)

 思わぬところで注目を集めた吉岡と高橋なのであった。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
主婦は猛反発!?石田ゆり子“食料買い占め”苦言は「仕事に支障」ギリギリの線か
2
芸能界イチの小顔・乃木坂46齋藤飛鳥の告白でプロ意識を称賛する声が殺到
3
千眼美子が最新映画で“萌えコスプレ”を披露!似合いすぎと大絶賛
4
コンビ降板がかかった「バス旅Z」が成功!「運命を分けたポイント」は!?
5
美女アナ「空前の世代交代」戦略をスッパ抜く(1)TBS・江藤愛のポストに座るのは?