スポーツ

斎藤佑樹に「へたれタレントに転向するなら今」のラブコール!

 さまざまなジャンルのタレントの中で一定の需要がある「へたれタレント」。何事に対してもビビりだったり、いざという時に力を発揮できなかったり、自分に甘かったり、人のせいにしたりなど、最悪なケースだと炎上しやすいタイプだ。

「例えばドランクドラゴン・鈴木拓。2012年に放送された鬼ごっこ特番『逃走中』(フジテレビ系)で“自首”して賞金を持ち帰ったことでTwitterが炎上。さらに開き直った発言がさらに火に油を注ぐ結果に。他には安田大サーカス・クロちゃん、狩野英孝、月亭方正、WithBことブリリアンの2人もその部類でしょう」(芸能ライター)

 そんなどうしようもない、愛すべきクズ・ポンコツタレントで、今こそ転身すべきと言われているのが日本ハム・斎藤佑樹だ。

「昨年末、斎藤は後輩と美女たちと東京・西麻布にある会員制バーの個室で合コンをしたことが報じられています。去年の登板はわずか6試合。しかも1勝しか挙げられなかった“ていたらく”でありながら、遊びほうけていたことでバッシングを食らっていますが、9日に自主トレを行う米国・グアムに出発するニュースがあった際も『海外自主トレーニングとかしゃら臭い。何カッコつけてんだよ。日本で地道に鍛えろよボケ』『自主トレというバカンスを楽しんでくれ』といったネガティブな意見が寄せられています」(前出・芸能ライター)

 そんな中、斎藤の「転身」を薦めるのはある放送作家だ。

「シーズン前にスッパリ辞めればかなりの衝撃を与えられる。そしてバラエティに進出すればオファー殺到は間違いない。田中将大への本音や、美女との合コン、出版社社長にポルシェをおねだりしていた逸話など話せば、例えばかつてのバレーボール・川合俊一、元サッカー日本代表の前園真聖、ボクシング元王者・具志堅用高のように、タレントで食べていけるハズ。だから今しかないでしょう」

 もちろん「逃走中」に出ることもできるはず。狩野英孝やクロちゃんのように、ドッキリに引っかけられたりバンジーを飛ぶなどさまざま考えられる。いずれにしても今年が正念場であることを肝に銘じてもらいたいところだ。

(魚住新司)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・渡会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」