スポーツ

斎藤佑樹に「へたれタレントに転向するなら今」のラブコール!

 さまざまなジャンルのタレントの中で一定の需要がある「へたれタレント」。何事に対してもビビりだったり、いざという時に力を発揮できなかったり、自分に甘かったり、人のせいにしたりなど、最悪なケースだと炎上しやすいタイプだ。

「例えばドランクドラゴン・鈴木拓。2012年に放送された鬼ごっこ特番『逃走中』(フジテレビ系)で“自首”して賞金を持ち帰ったことでTwitterが炎上。さらに開き直った発言がさらに火に油を注ぐ結果に。他には安田大サーカス・クロちゃん、狩野英孝、月亭方正、WithBことブリリアンの2人もその部類でしょう」(芸能ライター)

 そんなどうしようもない、愛すべきクズ・ポンコツタレントで、今こそ転身すべきと言われているのが日本ハム・斎藤佑樹だ。

「昨年末、斎藤は後輩と美女たちと東京・西麻布にある会員制バーの個室で合コンをしたことが報じられています。去年の登板はわずか6試合。しかも1勝しか挙げられなかった“ていたらく”でありながら、遊びほうけていたことでバッシングを食らっていますが、9日に自主トレを行う米国・グアムに出発するニュースがあった際も『海外自主トレーニングとかしゃら臭い。何カッコつけてんだよ。日本で地道に鍛えろよボケ』『自主トレというバカンスを楽しんでくれ』といったネガティブな意見が寄せられています」(前出・芸能ライター)

 そんな中、斎藤の「転身」を薦めるのはある放送作家だ。

「シーズン前にスッパリ辞めればかなりの衝撃を与えられる。そしてバラエティに進出すればオファー殺到は間違いない。田中将大への本音や、美女との合コン、出版社社長にポルシェをおねだりしていた逸話など話せば、例えばかつてのバレーボール・川合俊一、元サッカー日本代表の前園真聖、ボクシング元王者・具志堅用高のように、タレントで食べていけるハズ。だから今しかないでしょう」

 もちろん「逃走中」に出ることもできるはず。狩野英孝やクロちゃんのように、ドッキリに引っかけられたりバンジーを飛ぶなどさまざま考えられる。いずれにしても今年が正念場であることを肝に銘じてもらいたいところだ。

(魚住新司)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
ともさかりえ、アラフォーバスト「前屈み渓谷」「圧迫こぼれ」躍動写真に騒然
3
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
4
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合