スポーツ

斎藤佑樹に「へたれタレントに転向するなら今」のラブコール!

 さまざまなジャンルのタレントの中で一定の需要がある「へたれタレント」。何事に対してもビビりだったり、いざという時に力を発揮できなかったり、自分に甘かったり、人のせいにしたりなど、最悪なケースだと炎上しやすいタイプだ。

「例えばドランクドラゴン・鈴木拓。2012年に放送された鬼ごっこ特番『逃走中』(フジテレビ系)で“自首”して賞金を持ち帰ったことでTwitterが炎上。さらに開き直った発言がさらに火に油を注ぐ結果に。他には安田大サーカス・クロちゃん、狩野英孝、月亭方正、WithBことブリリアンの2人もその部類でしょう」(芸能ライター)

 そんなどうしようもない、愛すべきクズ・ポンコツタレントで、今こそ転身すべきと言われているのが日本ハム・斎藤佑樹だ。

「昨年末、斎藤は後輩と美女たちと東京・西麻布にある会員制バーの個室で合コンをしたことが報じられています。去年の登板はわずか6試合。しかも1勝しか挙げられなかった“ていたらく”でありながら、遊びほうけていたことでバッシングを食らっていますが、9日に自主トレを行う米国・グアムに出発するニュースがあった際も『海外自主トレーニングとかしゃら臭い。何カッコつけてんだよ。日本で地道に鍛えろよボケ』『自主トレというバカンスを楽しんでくれ』といったネガティブな意見が寄せられています」(前出・芸能ライター)

 そんな中、斎藤の「転身」を薦めるのはある放送作家だ。

「シーズン前にスッパリ辞めればかなりの衝撃を与えられる。そしてバラエティに進出すればオファー殺到は間違いない。田中将大への本音や、美女との合コン、出版社社長にポルシェをおねだりしていた逸話など話せば、例えばかつてのバレーボール・川合俊一、元サッカー日本代表の前園真聖、ボクシング元王者・具志堅用高のように、タレントで食べていけるハズ。だから今しかないでしょう」

 もちろん「逃走中」に出ることもできるはず。狩野英孝やクロちゃんのように、ドッキリに引っかけられたりバンジーを飛ぶなどさまざま考えられる。いずれにしても今年が正念場であることを肝に銘じてもらいたいところだ。

(魚住新司)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
5
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き