芸能

石田ゆり子が見たかったんじゃない!「海月姫」開始でも囁かれる“前作の惨敗”

 1月15日に「海月姫」がスタートするフジテレビのいわゆる“月9枠ドラマ”。前クールの“月9”「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」最終回(第10話)視聴率の“崩壊ぶり”の原因は、業界でいまだ様々に語られている。

 何しろ同時間帯に強力ライバル番組が多く、放送前から視聴率が懸念されていたが、結果は4.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。7.0%と多少巻き返した第9話からも大幅ダウン。予想以上のダメドラマとして終焉を迎えてしまった。

「この数字は、昨年初めの西内まりや主演『突然ですが、明日結婚します』の第6話で記録した5.0%を下回る、月9史上ワースト記録。篠原涼子演じる主婦が新米市議になり、社会問題と対峙して現代政治をブッタ斬るというテーマが、よりドラマチックな政治問題が続発する現実に比べ全然受けなかったということでしょう。フジは、そんな読みの甘さに加え、このドラマに篠原を筆頭に、人気沸騰中の石田ゆり子や高橋一生らビッグネームをそろえ、視聴率のセーフティネットを張ったつもりになっていた。ところが、名前的に数段下の西内にも大惨敗。これはもはや“月9”というブランドが妙なプレッシャーを生み、むしろ足かせになっているとしか思えません」(エンタメ誌記者)

 ネット上の意見でも「月9を見ることがダサい気がする」「月9は俳優墓場」「この人が出てるからって見るという時代じゃないと思う」「石田ゆり子は好きだけど、それだけでは見ません」「フジテレビの考えが甘いし古すぎる」と、月9の再浮上など程遠い印象だった。社長が交代してからも、大ナタを振るい続けるフジテレビだが、局の浮上に必要なこととしては「ドラマの復活」を挙げていた。しかし、月9にこだわり続ける理由がいよいよなくなってきそうである。まずは「海月姫」の評価が気になるところだ。

(山田ここ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス