芸能

石田ゆり子が見たかったんじゃない!「海月姫」開始でも囁かれる“前作の惨敗”

 1月15日に「海月姫」がスタートするフジテレビのいわゆる“月9枠ドラマ”。前クールの“月9”「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」最終回(第10話)視聴率の“崩壊ぶり”の原因は、業界でいまだ様々に語られている。

 何しろ同時間帯に強力ライバル番組が多く、放送前から視聴率が懸念されていたが、結果は4.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。7.0%と多少巻き返した第9話からも大幅ダウン。予想以上のダメドラマとして終焉を迎えてしまった。

「この数字は、昨年初めの西内まりや主演『突然ですが、明日結婚します』の第6話で記録した5.0%を下回る、月9史上ワースト記録。篠原涼子演じる主婦が新米市議になり、社会問題と対峙して現代政治をブッタ斬るというテーマが、よりドラマチックな政治問題が続発する現実に比べ全然受けなかったということでしょう。フジは、そんな読みの甘さに加え、このドラマに篠原を筆頭に、人気沸騰中の石田ゆり子や高橋一生らビッグネームをそろえ、視聴率のセーフティネットを張ったつもりになっていた。ところが、名前的に数段下の西内にも大惨敗。これはもはや“月9”というブランドが妙なプレッシャーを生み、むしろ足かせになっているとしか思えません」(エンタメ誌記者)

 ネット上の意見でも「月9を見ることがダサい気がする」「月9は俳優墓場」「この人が出てるからって見るという時代じゃないと思う」「石田ゆり子は好きだけど、それだけでは見ません」「フジテレビの考えが甘いし古すぎる」と、月9の再浮上など程遠い印象だった。社長が交代してからも、大ナタを振るい続けるフジテレビだが、局の浮上に必要なこととしては「ドラマの復活」を挙げていた。しかし、月9にこだわり続ける理由がいよいよなくなってきそうである。まずは「海月姫」の評価が気になるところだ。

(山田ここ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
2
岡副麻希、チラっと見えショットに「アンダーウェアかインナーか!?」議論勃発
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
深田恭子、多部未華子と永野芽郁との「ホロ酔い姿」公開!一番艶っぽいのは誰?
5
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”