スポーツ

闘将・星野仙一がすがった「波動療法」(1)「野村克也さんの生霊です」

 新年早々の訃報に球界とプロ野球ファンが打ちのめされた。闘将・星野仙一氏が、膵臓ガンとの闘病の末、無念にもマウンド上から去ってしまったのだ。余命90日を宣告されながら周囲の誰にも悟られずに闘った「燃える男」の最期を盟友が明かす。

「最後に話したのが、昨年10月のことでした。私が仕事で岡山にいる時、たまたま仙ちゃんも福岡で仕事だと聞きつけ、『そっちで会おうか』と電話したら、『おお、来るのはかまわんが、忙しいんだよ』と言うので遠慮したんです。11月末の野球殿堂入りパーティーも招待状をもらいましたが、私が体調を崩して行けなかった。まさかそのまま、今生の別れになるとは‥‥」

 そう悔恨の情を語るのは、民間療法の治療院を全国展開する「ジョイフルグループ」会長で、先の1月4日に70歳という若さで急逝した星野仙一氏と20年来のつきあいがあった高山右近氏である。

 今は亡き盟友との出会いを、高山氏が振り返る。

「仙ちゃんが『お母ちゃん』と呼んで慕っていた女性支援者の方に引き合わせてもらったんです。まだ中日の監督時代でした。私が仙ちゃんの1つ年下で、趣味も合ったもんだから意気投合しまして」

 星野氏が03年に阪神監督を退任し、10年に楽天監督に就任するまでの間は、特に友情を深め合ったという。

「当時は自宅のある関西から、だいたい週に2回くらいテレビ出演や会食で上京してきたんです。そうすると、定宿のホテルオークラに呼び出されてね。私の知り合いの不動産業者や、星野仙一のファンだという財界重鎮など、毎回いろんな人とお茶会したり酒を酌み交わしたりしましたよ。楽天に行って以降はかなり忙しくされていて、以前ほど頻繁に会うこともなくなりましたが、それでも2~3カ月連絡しないと、向こうから『お前、冷たいやつやのう!』と電話してきてくれるような、友人を大事にする人情家でした」(高山氏)

 一方で、監督を歴任してきた星野氏は、鉄拳制裁も辞さない熱いイメージとは裏腹に、体調面での不安を常に隠し持っていた。

「中日監督時代から糖尿病、高血圧症などの持病を患っていたのは有名です。阪神監督を退任したのも健康上の理由からだった。試合中に嘔吐したり、試合後に倒れることもよくあったようです」(NPB関係者)

 楽天監督時代の最晩年である14年にも、胸椎黄色靱帯骨化症と腰椎椎間板ヘルニアを併発し、5月末から約2カ月間休業、そのシーズンオフに退任している。

 当時、度重なる体調不良を危惧した星野氏が台湾から高名な占い師を招き、原因を探ろうとしたことがあったという。

「赤坂のクラブかどこかで会って、見てもらった。そうしたらその占い師が『あなたには、生霊がついている』と言ったんです。『何を言っとるんや』と一笑に付していた仙ちゃんでしたが、『それは、野村克也さんの生霊です!』と断言され、笑顔がピシッと固まってね。2日後、私も同行して、朝の9時から夕方の7時頃まで、静岡県内の神社を9カ所も巡って、生霊のお祓いをやったんです。何か思い当たるフシでもあったのかな? 忘れられない思い出ですね」(高山氏)

 高山氏にとっても、自身の治療院で行っている「波動治療」を初めて星野氏に施したのが、この14年頃だったという。

「『背中が痛いんだが、何かいい治療はないか』と言われましてね。そこで『量子波治療』の機械を持ってホテルの部屋に行ったんです。量子波とは電磁波の一種で、だいたいアタッシェケースぐらいの大きさの機械に、パッドがついています。そのパッドを患部に当てて、量子波を照射すると痛みは一時的に治まるんです。仙ちゃんも『楽になったわ』と言ってくれて、その時はいい結果だけで終わったんですがねえ‥‥」(高山氏)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲、「三浦翔平が交際宣言」よりも祝福した“劇的な顔面変化”!
2
佐藤健もクギ付け!?綾瀬はるかの激ヤバ“胸揺れ”シーンに期待の声
3
「おい!フジテレビ」指原莉乃、AKB48選抜総選挙スピーチ中のCM寸断に苦言
4
“アンダーウエア”がガチ見え!? 岸明日香ファンが大興奮した「神」画像!
5
「おっさんずラブ」田中圭に心配される吉岡里帆“Eカップの誘惑”