芸能

ゆったり衣装なのにドーン!宮沢りえ「ド迫力Fカップ復活」までの裏ドラマ

 2016年夏ごろから胸が小さくなったと噂されてきた宮沢りえ。だが、ここに来てかつてのFカップを取り戻したようだ。1月15日に行われた「第41回日本アカデミー賞」の優秀賞発表会見に出席した際、豊かな胸を披露したのだという。まずは宮沢の胸が小さくなったという疑惑について振り返っておこう。

「16年8月、映画『湯を沸かすほどの熱い愛』の先行上映会に宮沢が出席したのですが、バストがCカップ程度に縮んでしまったと取材したカメラマンが証言しています。この映画で宮沢はガンにより余命わずかと宣告された母親を演じている。後に彼女が明かしたところによると、役作りのために水分摂取を制限するダイエットを行ったそうで、そのせいで胸も縮んでしまったようです」(週刊誌記者)

 これ以降、宮沢の胸が復活する日を多くのファンが望んでいたが、そうした役作りの影響もなくなり、さらには現在、6歳下のV6・森田剛と交際中で結婚も間近との報道もあるように私生活も充実。ついに「その時」がやってきたようだ。アカデミー賞優秀賞発表会見を取材したカメラマンが興奮ぎみにこう話す。

「この日の彼女は真っ赤なドレス姿。ゆったりとしたデザインで体のラインが出にくいものであるにも関わらず、胸の部分がドーンとふくらんでいるんです。あれにはびっくりしました。宮沢は痩せる前は推定Fカップだとされていますが、そのレベルに戻ったと言っていいと思います。いや、もしかするとFより上、Gカップぐらいあるかもしれません」

 このFカップがあれば、年の差などものともせず、ゴールインできることだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!
2
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「蚊?」「もう夏じゃない!」…TBS宇垣美里、“公然キスマーク”にネット民大混乱
5
大好評「激レアさんを連れてきた。」に“打ち切りの危機”が囁かれる深刻理由