芸能

石田純一、「大物俳優から同性好きの世界に誘われた過去」告白の危なっかしさ

 俳優の石田純一が、1月20日放送のバラエティ番組「特盛! よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(読売テレビ系)にゲスト出演。そこで衝撃的な過去を告白した。

「番組では、今、相撲界でも大きな問題になっているハラスメント問題が取り上げられ、その話題の最中、石田も若い頃、同じ目に遭っていたことが明らかになったんです」(番組関係者)

 石田は相手について「いわゆる俳優さんで高年齢の方で」「かなり迫られたこともあるんですけど…」などと告白。やがて話は、さらに具体的に…。

「メイク室で2人きりになった時は、それこそ『2人きりになったねってガチですよ』とコメント。『男は艶気が出るんだよ』と迫られたものの、『オ、オ、オレは、いいです!』と必死に断ったとコメントしていました」(放送作家)

 何とも生々しいエピソードだが、石田は実の娘で女優・歌手のすみれからも“同性好き疑惑”を掛けられた過去がある。

「2012年すみれは、情報番組『はなまるマーケット』(TBS系)にゲスト出演。両親の離婚で、離ればなれになった父・石田と10年ぶりに再会した際、『パパ、あっちの世界の人…』と言って、同性好きかと思ったと告白しています。性格には子供を設けているわけですから、両性好きの意味で言ったんでしょうが、ともあれ、理由についてすみれは『何かジャラジャラした服を着て、短いズボンはいて、歩き方もクネックネしていて』と、苦笑いをしながらコメントしてましたね」(放送作家)

 実の娘も疑ってしまうほど石田が無意識に“そっち系”の雰囲気を醸し出していたようだ。そんな石田の“被害告白”に苦言を呈する声もある。

「80~90年代にトレンディ俳優として一世を風靡、実業家としても成功を収めた矢先に不貞は“文化”とする発言で人気が失墜。一昨年の都知事選挙でも、出馬を匂わす発言をしていながらあっさり断念するなど、石田は調子が良くなると、“問題発言”が飛び出す癖があります。今回の発言も、持ち前のサービス精神から出た秘話公開なんでしょうが、相手が特定されかねないギリギリのレベル。このところ、石田ファミリーの好感度が上がっているだけに、限度を超えた発言をしてはしまわないかとハラハラしてしまいますよ」(エンタメ誌ライター)

 理子夫人との間の第三子出産もまもなく。充分注意して欲しいものだ。

(窪田史郎)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
2
「キスしてる?」質問にフジテレビ・井上清華が衝撃「赤面もじもじ返答」の「まさか!」
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
落合博満が「何の連絡もない」と困惑する「中日OB戦オファー事件」の舞台裏
5
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代