芸能

博多華丸・大吉がお笑い芸人たちに「愛される理由」

 1月20日に博多華丸・大吉の地元・福岡で、「博多華丸・大吉結成27周年記念公演」が行われた。単独ライブ未経験の2人が結成25周年を記念しての公演を一昨年の1月に行ったところ大盛況。26周年、27周年と毎年開催の運びに。今年はこれまでの1200席から倍の2400席に会場もスケールアップ。それでも前売りは即完売し、開場2時間前からファンが並ぶ人気ぶりだった。

「2人は吉本興業福岡事務所第一期生で、人気、実力、人望があり、事務所の垣根を越えて多くの芸人に慕われる存在なんです。それが証拠に今回も2人のために東京からNON STYLE、どんぴしゃ、パンクブーブー、バカリズム、南海キャンディーズ、次長課長、千鳥、浅草キッドらが駆けつけた。1組10分のネタを、休憩を入れないノンストップ構成で新作ネタ披露の恒例の場となっていて、福岡のお笑いファンにとってはお得感満載のイベントとして定評があります。今回は何と、開会宣言するためだけに、ピエール瀧が福岡入り。デビュー当時からの2人の大親友であるナインティナインの岡村隆史もラストに登場。会場に博多銘菓をまくなど大いにライブを盛り上げたんです」(芸能ライター)

 とはいえ、当の華丸・大吉にとっては、少々ありがた迷惑な側面もあったとか。1月24日放送のラジオ番組「たまむすび」(TBSラジオ)で、水曜パートナーを務める大吉が舞台裏を打ち明けていたが、ネットライターは言う。

「記念公演というのは、5年、10年といった節目で開催するのが筋。25周年記念の際、タモリ、ビートたけし、明石家さんまがVTR出演するなどやり尽くした感があった。ところがライブにかかる費用はロックバンドとは違って、芸人のギャラのみ。2人の人徳から協賛する会社も多く、かなり儲かったようなんです。味をしめた所属事務所の吉本興業は、25周年記念公演の打ち上げの席でさっそく毎年の開催を持ち掛けてきたそうです。『毎年やるのはスナックくらい』といったんは断ったんですが、結局押し切られ、今回で3回目となったとか。たぶん、来年も再来年もパワーアップしてやるでしょうね」

 同業者、所属事務所も含め各方面から、この稀有な“毎年がアニバーサリー”ライブが、長く続くことが期待されているのだ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
5
坂口杏里、“顔だけなら坂道グループにいそう”自画自賛発言にネット民猛反発