芸能

小泉今日子「52歳の爛熟ボディ」に迫る!(1)酔うと潤んだ目でジッと見る

「あなたに会えてよかった~♪」と言わんばかりに、小泉今日子が公式サイトで発表した「宣言」が波紋を広げている。擁護派と批判派の意見が入り乱れる中、気になるのは年々イロッぽさを増していく“五十路ボディ”。アイドル時代とは一味違う艶やかさを帯びたキョンキョンの本当の姿に迫る!

〈全てをこの身で受け止める覚悟でございます。私事では御座いますが、人間としてのけじめとしてご報告させて頂きます〉

 2月1日、小泉今日子(52)が突然、俳優・豊原功補(52)との不倫交際を自身のホームページ上で宣言した。二人の交際は、以前からたびたび報じられていただけに唐突な印象は拭えない。それにしてもなぜ急な発表となったのか。

 ベテラン芸能記者が明かす。

「今回、不倫交際宣言をした背景には、キョンキョンが相前後して長年所属していた所属事務所からマネージャーを引き連れて独立したことがある。不倫宣言後に豊原が開いた記者会見では、小泉のマネージャーが裏で仕切るなど完全に“婦唱夫随”の関係でした。最近では『芸能界のドン』バーニングの周防郁雄社長の引退説がささやかれ、古株のタレントの独立を認める流れができつつある。特に小泉は周防社長にかわいがられ、事務所関係者は『(社長以外)コントロールできない』と漏らすこともあったほど。双方にとって円満退社となったばかりか、今後の仕事のパートナーとしてのけじめをつけるために、不倫関係を公表したのです」

 とはいえ、ベッキー(33)のゲス不倫に限らず、芸能界での不倫スキャンダルはタレント生命の致命傷になりかねない。芸能ジャーナリストの松本佳子氏もこう指摘する。

「芸能人の中には『潔い』と擁護する発言も目立ちますが、一般的には不倫騒動のベッキーと同じ扱い。やっていることは奥さんから旦那を奪って、宣戦布告までした卑劣な行為。これまでの芸能活動では、ほめられる場面が多かっただけに、ここまで批判を浴びるとは想像しておらず、完全に誤算だったのではないでしょうか」

 それにしても52歳にして爛熟なエロスを放つ小泉を籠絡した豊原なる人物は何者なのか。豊原を知る舞台関係者は素顔をこう明かす。

「ふだんはボソボソとしゃべるタイプで、プライベートは秘密主義。『東京出身』くらいは教えてくれましたが、結婚しているのも黙っていた。ちょうど熱愛スクープされた時期だったので後ろめたい気持ちがあったのかも」

 現在、別居している11歳年下の妻とは98年に結婚。長男を授かって今は養育費を支払う関係だという。

 現在のところ、同棲こそ否定するが、15年に写真週刊誌で交際がスクープされたあとも、小泉の自宅マンションからそろって出かける姿を目撃されている。妻子そっちのけで入り浸るほどキョンキョンにずっぽりハマっているようだ。

「デートする時は変装せず、熟年夫婦のように仲むつまじい雰囲気。前夫の永瀬正敏(51)は下戸でしたが、豊原はお酒が強くて呑ん兵衛同士気が合うようです。お酒が入ってくると小泉は潤んだ目でジッと見つめてくるので、豊原に限らず男はドキッとしてしまうんです」(前出・ベテラン芸能記者)

 酔いどれのラブラブな日々をお互い満喫しているようなのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
2
アレ、胸が…!? 宇垣美里、可憐なワンピース姿に世の男性たちが目を疑った理由
3
やはり大きくなってる!ローラのバストが“超絶進化”していたッ
4
関ジャニ∞村上信五の五輪キャスター就任に「ゴリ押しが過ぎる!」の声
5
こんなの見せていいの?菜々緒の食い込みヒップショットが艶すぎる!