スポーツ

競馬界 新3大「遺恨対立」の叩き合い攻防!(3)藤沢和雄師×V.シュミノー

 外国人騎手の大物気取りは、短期免許で来日する騎手にも見受けられる。昨年の朝日杯FSの直前、V・シュミノー(24)は東の御大・藤沢和雄調教師(66)にかみついた。2つ目の新遺恨勃発である。専門紙トラックマンが振り返る。

「ノーザンファームの有力馬にたくさん乗っていたのでソコソコの成績は残しているものの、態度が悪く、スタッフの評判は最悪です。朝日杯FSは、身元引受人でもある藤沢先生の管理馬ファストアプローチに騎乗して6着でしたが、その調教中に事件が起きました」

 シュミノーは水曜追いを2週続けて担当していたが、その後の追い切りで藤沢師からの指示を拒んだのだ。トラックマンが続ける。

「先生から『(調教を)見ておけ』と言われながら、『(調教に)乗るのは仕事だが、見るのは仕事じゃない。クレイジーだ。帰る』と言いだして、スタッフを困惑させた。先生としては、騎手が調教を見ることで馬の微妙な変化や感じるものがあればという思いで、レースを任せる騎手に指示しているんですが‥‥」

 周囲のスタッフらが必死に説得し、

「シュミノーはしぶしぶ見ることになりましたが、『(同郷の先輩の)ルメールだってやっていることだよ』と諭しても、『彼はそのほうがいいよね。でも、自分は違う』と不満タラタラ。後日、見ないで帰る理由が『東京に行きたかったから』とわかると、話を伝え聞いた他の調教師たちから一斉に『ナメきってるな。もう乗せられない』と、評判がガタ落ちした」(美浦トレセン関係者)

 短期来日する外国人騎手の評価は、西の栗東トレセン内でも急落している。

「昨年11月に来日したA・アッゼニ(26)なんて、短期免許期間中に突然帰国したからね。理由? 『本人の都合』というだけで正式な発表はないね。来日早々、重賞を勝ったけど、そのあとに落馬して『オレが乗るような馬が集まっていない』と周囲に不満をブチまけてトラブッたという話が流れたね」(厩舎関係者)

 身元引受人の中内田充正調教師(38)は、昨年、最優秀2歳牡馬に輝いたダノンプレミアムをはじめ、フロンティア、ベルーガの重賞馬を抱える新進気鋭のトレーナーだ。栗東トレセン関係者によれば、

「オックスフォード大学を卒業してアラブの王族とも交流があり、通算100勝を最短で達成した有望調教師をソデにするなんて、何を考えているのか。16年の英国リーディング3位とのフレコミだったけど、急に帰国するなんてひどいもんだな」

 腕のよさと人間性は反比例するようである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“ヒップ誘惑”&“パン線”披露!インスタ写真が物語る「意気込み」
2
「Fバスト」高梨瑞樹、“マッパ&エプロンでポトフ作り”動画に艶ワード連想声
3
透けてる?吉岡里帆、ヒップ突き出し“ピタピタドレス姿”にファンがクギ付け!
4
「ハコヅメ」永野芽郁のバスト感触をガッツリ味わった俳優に羨望の声!
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ