芸能

西川貴教が謝罪!「熱弁でついカタカナ用語を連発」してしまうワケとは?

 やはり、聞き心地はよくはなかった?

 西川貴教がツイッターで謝罪した。コトの発端は2月11日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演した際、ミュージシャンの岡崎体育が自身のファンクラブに導入したシステムが物議を醸していることが取り上げられ、同業のミュージシャンとして、熱い“ビジネス論”を展開したことだ。

「西川の話は、現在、音楽業界が陥っている問題について及びました。その際に『バジェット』(予算)や、『シュリンク』(縮小)といった“ビジネス用語”を用いて熱く語っており、その都度、画面には用語を解説するテロップが挿入されました。これについて放送後に、西川本人がツイッターで『ボクのプレゼン癖が出てしまい、カタカナの多い発言になってしまい申し訳ございませんでした』と謝罪しました」(テレビ誌ライター)

 過去のインタビューでは、自身が地元、滋賀で主催する音楽フェス「イナズマロック フェス」について、毎年変わってしまう行政側の担当者に趣旨をその都度プレゼンしている、という苦労話も披露している西川。

「西川は現在、株式會社突風、株式会社ディーゼルコーポレーションという2つの企業の代表取締役を務めているビジネスマン。『突風』は、西川の別名T.M.Revolutionを使ったビジネスモデルを提案していく会社で、親交の深い元AKB48の高橋みなみを特別顧問に招いたりと、実業家そのものです。それだけに、音楽エンターテインメントを『マネタイズ』(収益をあげる)することに、日頃、四苦八苦していたことで番組での熱弁につながったのでしょう。この謝罪騒動によって、西川が嘆く音楽業界の現状がより多くの人の耳に入ったこと、そして、多くの一般人にとってカタカナのビジネス用語でまくしたてられることは不快であるという意思疎通が図れたという2つの点で、世の中のためになって、よかったんじゃないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター)

 期せずして「イノベーション」(革新)が起きたということだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…
3
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(2)結果が出せない宇垣美里
4
野呂佳代 石橋貴明も大激賞した「小籠包事件」(2)有吉の罵声で体を張るように
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)