スポーツ

メダルラッシュでも隠せない「平昌五輪“裏”ダイジェスト」(1)羽生結弦をめぐる狂騒曲

 フィギュアスケート・羽生結弦の金メダル獲得で、ボルテージが最高潮に達した平昌五輪。だが、極寒の地で繰り広げられるメダル争奪戦をよそに、日本の美女アナや北朝鮮の美女軍団、そして出稼ぎできたある職種の人までもが予期せぬトラブルに遭遇していた。「放送NG」ドタバタ舞台裏をダイジェトでお届けしよう。

 メダルラッシュの快挙が続き、次々と新たなスターが誕生している平昌五輪。10代から「天才少女」と注目されたスピードスケートの高木美帆(23)は、1500メートルで「銀」、1000メートルで「銅」と女子個人種目で初めて複数のメダルを獲得して冬季五輪の歴史を塗り替えた。そんな高木が取材陣をドギマギさせたのは、コンマ数秒のレース結果だけではなかった。スポーツライターはこう明かす。

「ふだんは笑顔で対応してくれますが、五輪のプレッシャーで本番前日は報道陣の取材に応じず、ピリピリした空気が流れていました。そんな状況下で、練習の休憩中にレーシングスーツ(競技用ユニホーム)の上半身を脱いでインナーシャツ姿になったんです。しかも、シャツをめくっておなかを拭くので、汗だくボディがまる見えに。思わぬシーンにカメラマンが慌ててシャッターを切っていました」

 同じく平昌五輪のヒロイン、ノルディックスキー・ジャンプの高梨沙羅(21)はみごと銅メダルを獲得。大会前は調子が上がらず苦戦が予想されたが、意外とリラックスしていたようだ。

「公式練習が終わったあと、寒くて震えている取材陣に、『頑張ってください~』と声をかけてくれたんです。そのひと言だけでおじさん記者はメロメロ。韓国では『妖精』と呼ばれて人気なのですが、その理由は韓国の若い女性にはやっているオルチャンメイク(最高にかわいい化粧)を高梨も取り入れて、美人になったからと言われています。本人はものまねメイクで有名なざわちん(25)を師匠と仰ぎ、メイクの参考にしていますが」(スポーツ紙記者)

 黄色い声援はケガから鮮やかに復活したフィギュアスケートの羽生結弦(23)の登場で最高潮に達した。2月11日に一人で韓国入りして仁川空港に到着すると、女性ファンが殺到する騒ぎに。

「混乱を想定していた日本スケート連盟が日本オリンピック委員会に依頼して、警備員8人を用意する厳戒態勢を敷きました」(前出・スポーツ紙記者)

 だが、これは「騒動」のほんの序曲にすぎなかった。ついに迎えた決戦当日、“奇跡の復活”を祈る大観衆を前に、羽生の演技は完璧だった。初日のショートプログラム、二日目のフリーと、大技を決めるたびに大観衆はどよめき、万雷の拍手で館内は沸き返る。結果、みごとに五輪2連覇を完全優勝で飾ったのだ。

「チケットは大会前に売り切れ。少しでも間近で見たいファンが早朝から長蛇の列を作っていたんです。羽生自身は騒ぎに慣れたもので、本番リンクで練習した時には、一緒に出場する田中刑事(23)のフリー曲の動きをものまねして周囲を笑わせていました」(前出・スポーツライター)

 ふだん羽生はファンの間でおなじみの「くまのプーさん」のティッシュケースをリンクに持ち込む。しかし国際オリンピック委員会は、キャラクターの宣伝行為に厳しく目を光らせているため、今回はいちごのショートケーキ風に装飾された五輪仕様のカバーをお披露目したところ、

「熱烈ファンはそれすらも『すてき~』とベタボメでした‥‥。当然、連覇の偉業には大半が涙を流していましたよ」(前出・スポーツライター)

“羽生狂騒曲”は完全優勝後のこれからも、もっと続きそうだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずや橋本環奈も被害?女優の「透けバスト」動画を載せたYouTuberが物議!
2
石田ゆり子が「ヘアー写真」を次々公開!注目は陽光に輝く「ふんわりバスト」
3
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ旅」奇跡の逆転劇裏で起きた“アクシデント”
4
みちょぱ、「歯が抜ける夢」告白で浮上した“自分慰め行為への感情”とは!?
5
人気女子アナ「ガチ“豊満バスト”番付」9月場所(3)フジ・渡邊渚は大学時代から注目を集めていた