スポーツ

プロ野球キャンプ「2大事件」をマル秘視察(1)中日がヤラセ「松坂フィーバー」

 平昌五輪報道の合間を縫うように、スポーツ紙やテレビのスポーツニュースがプロ野球キャンプ情報を伝えているが、内情の全てを伝えきれてはいないようだ。「2大事件」が飛び込んできた。

 連日、話題の中心は中日に入団した松坂大輔(37)である。しかし、さも松坂大フィーバーが沖縄で吹き荒れているかのように報道されているが、実情は少々違っている。沖縄・北谷で取材した名古屋のメディア関係者が言う。

「お客さんの数は、例年があまりにひどかったのでごく普通になった程度。延べ20万人を超えるファンが押しかけるソフトバンクの10分の1くらいです(2月16日現在、以下同)。テレビのクルーが多く、マスコミも増えたように見えるのですが、結局は、スポーツ紙と一般紙がそろったくらいで特別多いわけでもない。キャンプ初日に見かけた評論家も中日OB2人を含め3人くらいで、巨人や阪神の初日のほうが多かったでしょう」

 スポーツマスコミの松坂の持ち上げっぷりも異例で、〈ソフトバンク時代よりいい〉〈ここ数年で一番だ!〉などと威勢のいい見出しが躍っている。だが、実は、ソフトバンク時代につっけんどんな態度で評判が悪かった松坂が豹変し、嫌な顔をせず連日、取材に対応しているだけなのだ。

「松坂は、各社一度ずつ独占インタビューを受けています。機嫌を損ねて受けてもらえなくなるのが怖いので、マスコミ各社は、松坂がダメとは書かないんです」(スポーツライター)

 一方、評論家や監督、コーチがいくら絶賛しても、ライバル球団の目はシビアだ。あるセ・リーグ球団の編成担当が言う。

「キャンプ中に新戦力のチェックをABCランクにするのですが、松坂は欄外扱いです。球団からも『注意して見て来い!』とも言われていません。現実的には戦力外レベルです」

 各球団の“007”スコアラーたちもメディアには社交辞令的なコメントを残しているが、実際は先の編成担当と同じ評価だという。無関心のスコアラー陣を振り向かせるほどの内容をブルペンで発揮しているのであれば別だが、キャッチャーを座らせての本格投球は3度だけ。5日間、ブルペンに入らずマスコミを「故障か!?」と慌てさせもした。

「まだ一度も全力では投げていません。球団は決して明らかにしませんが、スピードガンの数値は140キロいくかいかないか、なんです」(前出・セ球団編成担当)

 ある球団のOBが、「キャッチボールを見た時、素人か、と思うほどボールが走っていなかった」と、思わずつぶやくほどの惨状だ。

 右肩に爆弾を抱えたままで森繁和監督(63)からマイペース調整の権限が与えられている。あまりに仕上がりが遅いため、開幕ローテ入りは絶望的な状態だ。

「森監督も開幕からの戦力としては計算していません。抹消して登板、抹消して登板という昨年のヤクルト・由規のような起用法を考えているようです。それでも初登板は、5月以降にずれ込むでしょう。デビュー戦をナゴヤドームで行うチーム方針は決まっているので、早ければ4月28日からの横浜DeNA3連戦、順当に行って5月15日からの広島3連戦が有力です」(前出・スポーツライター)

 いずれも方針どおり、ナゴヤドーム開催である。中日は、松坂にどうしても本拠地で投げてもらわなければ困るのだ。

「松坂の基本年俸は1500万円で、キャンプのフィーバーですでに元を取ったと言われますが、実情は違います。連日松坂の映像が流されていても、親会社の新聞が飛ぶように売れるほどの広告効果はほぼない。沖縄で松坂グッズは売り切れ状態だともいいますが、多くても1日数万円程度の売り上げ。ナゴヤドームを満員にしてもらって、やっと元が取れたと言えるんです」(前出・スポーツライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
高橋一生主演「僕らは奇跡でできている」の北香那に絶賛の声があがる理由
4
視聴者大パニック!有村架純「中学聖日記」公式サイトが衝撃展開を示唆!?
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…