スポーツ

レジェンド葛西が目指す「最後の五輪」っていつ?

 気まぐれな強風で選手を翻弄した平昌五輪のジャンプ台。幸運・不運が大きく分かれた今大会はレジェンド・葛西紀明選手をもってしても「普通なら中止じゃないの?」と言わしめたほどだった。大きく影響を受け、思うような結果を残せなかった葛西選手だが、今後の競技の継続が気になるところだ。

「葛西選手がいつまで現役を続行するのか、というのは記者が一番聞きたいテーマでした。その質問を、スキージャンプW杯で通算最多優勝記録を持ち、無期限休養に入っているグレゴア・シュリーレンツァウアー選手が葛西選手に単刀直入に尋ねたんです」(スポーツライター)

 はたして4年後、2022年の北京五輪挑戦は本当にあるのか。その答えは、何とも驚くべきものだった。

「葛西選手は、北京のさらに次、2026年の招致を目指している札幌五輪までと答えたそうです。8年後にはさすがのレジェンドも53歳ですから、聞いた人々は葛西選手の返答に驚くやら喜ぶやらだったといいます」(前出・スポーツライター)

 そんな葛西選手は、平昌から戻ってすぐに体調を崩し、咳と痰に悩まされたうえに口唇ヘルペスまでできて大変な状況の中、2月24日には国内大会に出場したという。休む間もなく現役選手としてバリバリとジャンプしまくる──そんな葛西選手なら、北京五輪での出場記録更新どころか、本当にその次の五輪出場も、軽々と、果たしてくれそうだ。

(芝公子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
3
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
4
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
5
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!