エンタメ

映画「空海」公開記念対談!「平安の超天才」は3カ月で密教の祖師になった(1)空海は「うどん県」で生まれた

 夢枕獏氏の原作「沙門(しゃもん)空海 唐の国にて鬼と宴す」(徳間文庫・角川文庫)が、日中合作の超大作映画として完成。2月24日(土)からの公開を記念して、歴史研究家・河合敦氏と歴ドル・美甘子による「空海」を巡るスペシャル対談をお届けする。

河合 つい先日(2月1日)ご結婚を発表されましたね。おめでとうございます。

美甘子 ありがとうございます。

河合 今日はお遍路(へんろ)の装束ですけど、新婚旅行でお四国参りですか。

美甘子 そうじゃないんですが、私も空海さんと同じ四国出身なので、お遍路はいずれは行きたいなと思っていたので、通販で購入しました。とはいっても、空海のことはあまり知らなくて、河合先生に教えてもらおうと。

河合 私は数年前にテレビ朝日の「ぶっちゃけ寺」という番組の取材で高野山に行ったのがご縁ですね。空海はもう本当に大天才で、うどん県で有名な讃岐(香川県)の佐伯さんという郡司(ぐんじ)の家の生まれです。

美甘子 郡司というのは?

河合 今でいえば市長とか村長のような地方の役人ですね。

美甘子 地方の優秀な家柄の息子さんだったんですね。

河合 お父さんやお母さんも空海のことを貴物(とうともの)と呼んで大事に育てたようです。小さい時から仏像を作ったり、神童と言われるほどの利発な少年だった。将来、仏の道で生きることができるなら命を救ってくださいと、山で身を投げたら天女が現れて空海の身を受け止めたという伝説がありますね。

美甘子 すごい! 天が助けてくれたんですね。

河合 当時、郡司の子供というのは国学という地方の学校で文や詩を学ぶんですが、空海は18歳のとき、当時の都である長岡京に出て大学に入ります。彼のおじさんが桓武天皇の皇子である伊予親王の家庭教師のようなことをやっていて、空海もこのおじさんに論語などを学んで大学に入ったのです。が、大学に飽き足らなくなって辞めてしまいます。せっかく入った大学をなぜ辞めたのかというと、記憶力が百倍くらいよくなる「虚空蔵求聞持法(こくうぞうぐもんじほう)」という修行法を、ある沙門(修行僧)に教わり、仏教の修行に入ったんです。虚空蔵菩薩の真言を、ある作法にのっとって50日間に百万回唱えるという荒行で、あらゆる経典を暗記して理解できるようになったといいます。

美甘子 大学で儒教を学んでエリートコースにいたのに‥‥。

河合 仏教の道に行くために大学は中退してしまった。もちろん親や親戚は大反対。だから納得してもらうため、儒教・道教・仏教を比較して、最終的に仏教が優れている理由を本(『三教指帰(さんごうしいき)』)に書いています。

美甘子 それから四国の山の中で修行してたんですね。

河合 ある時、高知県の室戸岬の洞窟で修行している時、空と海しか見えなくなって‥‥。

美甘子 そう、それで空海という名前を名乗ったんですよね。

河合 そこで修行していたら、明けの明星と言われる金星が水平線に現れて、空海の口の中にグワーっと飛び込んできたというんですね。

美甘子 ちょっと神話的というか、神秘体験ですね。

河合 空海が生まれる時も、インドの聖人が飛んできて体の中に入る夢をお母さんが見たという伝説がありますから。

美甘子 キリスト生誕の伝説なんかにも似てますね。

<プロフィール>

河合敦(かわい・あつし)1965年、東京都出身。青山学院大学文学部史学科卒業、早稲田大学大学院博士課程単位取得満期退学(教育学研究科社会科教育専攻日本史)。高校教師27年の経験を生かし、歴史研究家、歴史作家として講演、執筆、テレビをはじめとするさまざまなメディアで日本史の解説を行っている。新書判「大久保利通 西郷どんを屠った男」(徳間書店・2月28日刊)など著書多数。昨年は自身初の歴史小説「窮鼠の一矢」(新泉社)を上梓。

美甘子(みかこ)1982年生まれ。愛媛県今治市、国宝とロマンの島・大三島出身。専修大学文学部日本語日本文学科卒業。坂本龍馬など歴史上の人物をこよなく愛する「歴ドル」として、テレビ、ラジオ、雑誌などで活躍中。高知県観光特使、神々の国 宮崎PR大使、いよココロザシ大学生徒会長なども務める。著書に「龍馬はなぜあんなにモテたのか」(KKベストブック)などがある。趣味は歴史上の人物のお墓参りと、昭和の香り漂う純喫茶巡り。特技は幕末の志士たちの変名や辞世の句が言えること。

「空海-KU-KAI-美しき王妃の謎」全国東宝系にてロードショー

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Tシャツをズボンに入れると…永野芽郁の「バスト突出」「透け肌着」大サービスのロケ現場
2
TBS良原安美が薄生地スカート張り付き事故!浮かび上がった「意外な下腹部のカタチ」
3
松井と高橋由にもうひとり…投高打低のプロ野球界をあざ笑う「90年代の巨人は3割30本を3人」の超重量打線
4
「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!
5
桑田佳祐の「挑発」に長渕剛が「ケンカをふっかけるなら相手をみろ」の全面戦争/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘話