芸能

ニッポンの「超大作映画」秘史が全部わかる!<直撃2・“ミスター超大作”佐藤純彌監督の回顧録>

 70年代から00年代にかけて、最も多くの超大作を撮った監督は佐藤純彌(85)であろう。パニック、ミステリー、宗教、ハードボイルド、戦争映画と、幅広いジャンルを手がけた。

 走行中の新幹線が時速80キロ以下になったら爆発する──そんな斬新な設定で、日本初のパニック大作とされたのが「新幹線大爆破」(75年、東映)だ。主演の高倉健をはじめ、東映のオールスターキャストだったが‥‥。佐藤監督が言う。

「当初は犯人グループのリーダーを『仁義なき戦い』で大スターになっていた菅原文太に持って行った。ところが文ちゃんは『これは新幹線が主役だから』って断ってきた。ところが、脚本を読んだ健さんが『ぜひやりたい』と言ってくれたんだ」

 はたして乗客を乗せた新幹線は爆発せずに無事に到着できるのか? 最後まで見せ場は続いたが、残念ながら期待ほどヒットはしなかった。

「それでも、フランスで大ヒットしたおかげで、再上映ではお客さんがたくさん入ってホッとしました」

 高倉健とは、翌年の「君よ憤怒の河を渉れ」(76年、永田プロ)でもコンビを組み、中国では8億人を動員する特大ヒットを記録。現在、同作は「マンハント」のタイトルでリメイクされている。

 佐藤監督は角川春樹事務所の大作路線でも「人間の証明」(77年)、「野性の証明」(78年)と連続でメガホン。両作とも海外ロケーションを敢行したが、「野性の証明」ではアメリカの広大な大地で繰り広げられる、高倉健と松方弘樹の銃撃戦が見せ場となった。

「弘樹ちゃんにヘリに乗ってもらって、健さんが地上にいての銃撃戦。ところが、ヘリの運転が荒くて、しかも弘樹ちゃんは高所恐怖症だから、あっという間に失神していた。僕が『撃って、弘樹ちゃん』と拡声器で叫んだけど、本人には聞こえていなかったね」

 そして、日中合作として公開される「空海」だが、実はこちらも佐藤監督が84年に「空海」(東映)として手がけている。全真言宗青年連盟映画製作本部が東映と連携し、200万枚の前売り券を完売させた。そのため、制作費の12億円を用意できたという。

「予算もそうだけど、真言宗から2人の若い人が指導についてくれて、宗教という特殊な設定ながら、すごくスムーズにやれた。それに、中国で大ロケーションをやったんだけど、これも中国のコーディネーターがいい場所を見つけてきてくれて。非常に協力的で助かったよ」

 こうした経験が、中国を舞台にした「敦煌」(88年、東宝)や、ロシアを舞台にした「おろしや国酔夢譚」(92年、東宝)にも生かされることになる。

 そして佐藤監督は、戦争映画の「男たちの大和/YAMATO」(05年、東映)でも制作費25億円という破格のプロジェクトに挑む。70歳を超えていたが、興行収入は同年1位の50億円を上げ、みごと“ミスター超大作”の面目躍如となった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
マギーが「ピラティス写真」公開!「まるでアンダーウエア」な服装に騒然
5
テレ朝・安藤萌々、2年目で見せ始めた“Dバスト”の「本領発揮」!