芸能

グラビア美BODY五輪(4)「美しいバスト部門後編」田中みな実、Dカップを肘で隠す艶技に拍手喝采

 平昌五輪は日本人選手のメダルラッシュに沸いたが、グラビア界に目を向ければ、世界に通じるメダル級の逸材ボディの持ち主は数多い。

 それぞれの自慢のパーツで争う美BODYの祭典が今、ここに開幕!

 続いての競技は、大きさよりも形状による採点で決まる「美しいバスト」部門。

 入賞は逃しても乳賞は文句なしのこの面々は、表彰せずにはいられない。(選考は発売中のアサ芸Secret!Vol.50より)

稀水こはく(154センチ B88・W58・H86)

 またまた新しい造語で「適乳」と名づけられた。Eカップのちょうどいい大きさがそのユエンだが、艶っぽさの配合は基準超えの域。

根本凪(150センチ B90・W57・H85)

「虹のコンキスタドール」に在籍のまま、昨年末には「でんぱ組.inc」への掛け持ち参加を加入。Gカップの需要がより高まった。

紗綾(150センチ B85・W61・H88)

 小学生の時にすでにFカップを誇っていたのだから、葛西紀明にも負けないロングな選手生命。さらに、バストに衰えなしも拍手喝采。

森咲智美(160センチ B89・W58・H88)

 もし、公開競技として「艶っぽさ」という項目があるなら、文句なしに金メダル。何たって「日本一艶すぎるグラドル」なのだから。

長澤茉里奈(153センチ B80・W55・H82)

 かつて、浅田真央は年齢制限でソチ五輪出場を逃したが「合法童顔巨乳」のまりちゅうは、一見、年齢制限がありそうで実はセーフ。

殿倉恵未(166センチ B90・W62・H89)

 グラビア界きっての性格の良さで知られる“お殿ちゃん”は、いざ撮影となるとハードで妖艶な高難度の表情も鮮やかに決めてくれる。

田中みな実(153センチ B推定82センチ)

 女子アナでありながら、これほど「私、美バストなんです」とアピールしたケースも珍しい。とうとう「an・an」で肘で隠すセミ脱ぎを披露。しかも、アピールし過ぎたあまり過激すぎてNGカットを連発していたとか。

都丸紗也華(157センチ B88・W60・H84)

 コンプライアンスがどうのこうのというご時世に、なぜか都丸の「バストアピールCM」は連続投下。いや、ありがたいことではある。

藤田恵名(160センチ B90・W60・H90)

 本業はシンガーソングライターだが、Gカップボディでグラビアにも積極的。マツコ・デラックスが「収拾つかなくなってる」と助言したほど。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
千眼美子、台湾で見せた「肉体の激艶変化」に男性ファンが騒然!
2
鈴木愛らとバチバチ!「しぶこ」が同組で無視される“緊迫バトル”全貌とは?
3
デカすぎる!本田翼、美バスト披露でメイキング映像にアクセス殺到!
4
日テレ水卜麻美、リバウンド指摘もファンから上がった「歓喜の声」!
5
真っ赤ルージュでおクチを開き…千眼美子、「おしゃぶり顔」が艶すぎと大反響