芸能

グラビア美BODY五輪(4)「美しいバスト部門後編」田中みな実、Dカップを肘で隠す艶技に拍手喝采

 平昌五輪は日本人選手のメダルラッシュに沸いたが、グラビア界に目を向ければ、世界に通じるメダル級の逸材ボディの持ち主は数多い。

 それぞれの自慢のパーツで争う美BODYの祭典が今、ここに開幕!

 続いての競技は、大きさよりも形状による採点で決まる「美しいバスト」部門。

 入賞は逃しても乳賞は文句なしのこの面々は、表彰せずにはいられない。(選考は発売中のアサ芸Secret!Vol.50より)

稀水こはく(154センチ B88・W58・H86)

 またまた新しい造語で「適乳」と名づけられた。Eカップのちょうどいい大きさがそのユエンだが、艶っぽさの配合は基準超えの域。

根本凪(150センチ B90・W57・H85)

「虹のコンキスタドール」に在籍のまま、昨年末には「でんぱ組.inc」への掛け持ち参加を加入。Gカップの需要がより高まった。

紗綾(150センチ B85・W61・H88)

 小学生の時にすでにFカップを誇っていたのだから、葛西紀明にも負けないロングな選手生命。さらに、バストに衰えなしも拍手喝采。

森咲智美(160センチ B89・W58・H88)

 もし、公開競技として「艶っぽさ」という項目があるなら、文句なしに金メダル。何たって「日本一艶すぎるグラドル」なのだから。

長澤茉里奈(153センチ B80・W55・H82)

 かつて、浅田真央は年齢制限でソチ五輪出場を逃したが「合法童顔巨乳」のまりちゅうは、一見、年齢制限がありそうで実はセーフ。

殿倉恵未(166センチ B90・W62・H89)

 グラビア界きっての性格の良さで知られる“お殿ちゃん”は、いざ撮影となるとハードで妖艶な高難度の表情も鮮やかに決めてくれる。

田中みな実(153センチ B推定82センチ)

 女子アナでありながら、これほど「私、美バストなんです」とアピールしたケースも珍しい。とうとう「an・an」で肘で隠すセミ脱ぎを披露。しかも、アピールし過ぎたあまり過激すぎてNGカットを連発していたとか。

都丸紗也華(157センチ B88・W60・H84)

 コンプライアンスがどうのこうのというご時世に、なぜか都丸の「バストアピールCM」は連続投下。いや、ありがたいことではある。

藤田恵名(160センチ B90・W60・H90)

 本業はシンガーソングライターだが、Gカップボディでグラビアにも積極的。マツコ・デラックスが「収拾つかなくなってる」と助言したほど。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
3
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
4
手越祐也、大ファンだった「後藤真希と急接近」で危惧される“アパ不貞”密会!
5
マギーが「ピラティス写真」公開!「まるでアンダーウエア」な服装に騒然