スポーツ

デーブ大久保「来年は俺が監督だから」発言でチームから総スカン

20140724n

「デーブ」こと楽天・大久保博元監督代行(47)がドヤ顔で「非常に手応えを感じている」とご満悦である。だがチーム内からは、唯我独尊とも言える強気一辺倒の姿勢に大ブーイングが飛んでいるという。

 とある楽天のチーム関係者が口を開く。

「あんなひどい男は、これまで見たことがありません。自分の出世のためならば平気で人を売り、蹴落とす。チームのことなんて、これっぽっちも考えちゃいませんよ」

 驚くほど過激なもの言いになるのにも理由があるという。実は二軍監督から現職就任が決まった7月2日から数日後、デーブが数人のチームスタッフを前にして、耳を疑うような“問題発言”を堂々と口にしていたというのである。

「あのさ、来年のここ(楽天)の監督はもう俺で決まりだから」

 こんな言葉を聞いたスタッフたちは半ばあきれ顔になりながら、主力選手やチーム関係者へコッソリと耳打ち。これがあっという間に広がったことで、チーム内から失笑が漏れているというのだ。

 楽天の正式な指揮官は闘将・星野仙一監督(67)だ。腰部の手術を受けて休養中の闘将は7月18、19日の球宴で全パの監督として現場復帰する予定だったが、回復具合がすぐれず辞退。復帰が大幅に遅れる可能性もあるという。そればかりか、契約を残しながら退任するケースも想定されており、仮にそうなれば現在、一軍で代役指揮官を務めているデーブが来季の監督に昇格することも考えられなくはない。が、はやばやと星野監督の退任を決定事項のように語る口ぶりに、チーム内からの拒否反応はすさまじかった。

「代行就任が決まる前から、一部主力選手は『まさか来ないよな』と嫌悪感を示していました。実際に指揮を執り始めると、日替わりの“猫の目オーダー”への不満が噴出している。5回2アウトから松井裕樹(18)を登板させてプロ初勝利を与えた試合後にも、『新聞の紙面を意識したやり方で、裕樹がかわいそうだよ』との声が主力選手から漏れていた。リーダー格の松井稼頭央(38)や嶋基宏(29)も監督代行としっくりいっていないようです」(楽天番記者)

 数多くの球団関係者やスタッフ、主力選手たちから総スカン。それでもデーブが増長し続けるのは──。そもそも監督不在となった5月25日以降は佐藤義則監督代行(59)が指揮を執ってきた。こんな短期間で“代行の代行”という奇妙な人事が強行されたカラクリについて、前出のチーム関係者はこう打ち明けた。

「デーブが監督代行という今のポジションを手に入れたのは、三木谷浩史オーナー(49)の強力な後ろ盾があったからに他ならない。楽天入りした2年前の一軍打撃コーチ時代からオーナーにすり寄り始め、今ではすっかりズブズブの関係になりました。デーブは楽天の幹部クラスしか出席できないような食事会にも、オーナーの許可で毎回必ず参加できるらしいですからね」

 一説には、

「三木谷オーナーの息子さんが、デーブが代表を務める野球教室で面倒を見てもらっている関係が大きいとも言われています」(スポーツライター)

 との声もあるが、オーナーの一存であれば、強行人事に誰も逆らうことなどできない。

 対照的に、大久保監督代行自身が「オヤジ」と呼んで慕ってきたはずの星野監督からは疑念の目を向けられているともいう。

「一軍でチーフコーチを務めている仁村(徹)さんが星野監督から『デーブをしっかりと見張って、俺に逐一報告するように。何かやらかしたら、オレがデーブに直接言うから』と監視役を授かったそうです。病床の監督もさすがに増長が心配なんでしょう」(別のチーム関係者)

 昨年の日本一から一転、今年は最下位争い中の楽天。だが、チームの内情がこれでは大逆襲はなさそうな雰囲気だ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
カトパン初出演ドラマ、ラストシーンでよみがえるフジ史上最悪の放送事故!
2
胸のトップがハミ出てる!?水原希子「ギリギリ画像」大量公開の切迫事情
3
戸田恵梨香、伝説の「黒歴史ダンス」が土屋太鳳に蒸し返された!
4
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
5
清水良太郎、逮捕現場ホテルに垣間見えた「薄っぺらいプライド」!