芸能

「MCもできる女優」松岡茉優をおぎやはぎ、太田光が絶賛するワケ

20150604matsuoka

 女優の松岡茉優が5月30日放送の「ENGEIグランドスラム」(フジテレビ系)にて、初のゴールデンタイムMCを務めた。ナインティナインとともにMC席に陣取った松岡は、大先輩を前に臆することなく自分らしさを発揮。二十歳にして早くも安定したMC力を発揮している。

「彼女の魅力は、そのバランス感覚ですね。すでに十分な知名度があるのに、『ENGEI』でMCとして登場した時には『本日は申し訳ございません。お邪魔いたします。有難うございます』と徹底的に低姿勢で通していました。それでいて笑顔を絶やさず、各芸人の芸にもしっかりと注目している。MCに必要な要素を完璧に備えています」(テレビ誌ライター)

 同番組で松岡は、随所で印象的なトークを展開。ピースに対しては「このキャラ大好きです。女性はみんな大好きですよね?」と女子の気持ちを代弁。NONSTYLEのドヤ顔には「見逃したー!」と絶叫し、視聴者の注意をひいてみせるなど、二十歳とは思えない気配りぶりを発揮していた。

 その松岡は現在、「オサレもん」(フジテレビ系)でもMCを務めており、共演のおぎやはぎからは「女優がダメになってもOKだね」と称賛されている。その「オサレもん」で見せたあるシーンが、松岡の真骨頂を表わしていると語るのは、前出のテレビ誌ライターだ。

「リズム芸人のバンビーノが、松岡の頭をヘッドロックで押さえつけたんです。すると松岡がバンビーノに蹴りを入れて引き離し、ニラみつけながら『調子に乗るな!』と一喝。この時の目力はまさに、女優・松岡茉優のそれでした」

 実際、女優としても演技力に定評のある松岡。「あまちゃん」で注目される以前から映画などに多数出演しており、2012年の映画「桐島、部活やめるってよ」では、爆笑問題の太田光に「一人だけ上手すぎて、浮いちゃってるの」と絶賛されていたほどだ。

「あまちゃん」では能年玲奈や橋本愛、有村架純といった若手女優らも知名度を上げたが、松岡はバラエティ番組にも進出。女優とMCを両立できる理由は、頭の良さにあるという。以前、松岡を取材したことがある週刊誌記者が語る。

「とにかくインタビューでの受け答えが素晴らしいんです。『桐島、部活やめるってよ』の野崎沙奈役と、『あまちゃん』での入間しおり役を比較した質問では、即座に共通点を見出していました。また『オサレもん』では、芸人さんの細かい動作や小道具まで覚えているので、おぎやはぎから『気持ち悪い』と言われるほど。頭の回転が速く、笑顔を絶やさないので、取材した人はみんな彼女が好きになるんですよ」

 そんな松岡はかつて、日本テレビ「エンタの神様」を毎週見ており、MCの白石美帆に憧れていたという。その白石がMCを務めはじめたのは25歳のとき。早くも二十歳にして同じポジションをつかんだ松岡は今後、ゴールデンタイムの顔になっていく可能性が高そうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 54881
    PR
    マイナス金利導入で値上がりも?まだ間に合う「生命保険の見直し」その秘策

    今年2月16日から、日本史上初の金融政策である「マイナス金利」が導入されました。だけど、この政策によって私たちの生活にどのような影響があ

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 56571
    PR
    年齢面で不利な“40代の婚活”を変えた「結婚相談所のサービス」その仕組とは?

    40歳を過ぎていよいよプレッシャーを感じてきたのが「結婚」の二文字。「まだ婚活は早い」「婚活をしなくてもそのうちいい出会いがあるだろう」

注目キーワード

人気記事

1
小林麻耶が一時意識不明、番組退席直前の異変とブログに綴っていた“心の闇”
2
視聴率爆下げの原因?松本潤「99.9」公式ツイッターの発言に視聴者から批判殺到
3
田中みな実が圧勝!前田敦子が自分のインスタグラムで公開処刑される
4
貫地谷しほりが公開したすっぴん写真がまるで「行為中」そのもの!?
5
まるで岡本夏生…真木よう子が超絶劣化も胸は健在で男性ファンは「ならば良し」