芸能

難クセ続く和田アキ子に反省の色ナシ!?ピース又吉に再び「ゲスの極み」発言

20150804wada

 2日放送の「アッコにおまかせ!」(TBS系)で、司会の和田アキ子が、芥川賞受賞後はじめて、ピースの又吉直樹と生共演した。

 しかし、この日は番組冒頭から不穏な空気が漂っていた。というのも、7月19日放送の同番組のなかで和田は、又吉が芥川賞を受賞した作品「火花」について「みなさん『純文学を感じた』というが、何も感じなかった」と発言し、「難癖つけるな」とネット上で大炎上したという因縁があったからだ。

 視聴者からは「どうして素直におめでとうと言えないのか?」などの批判が殺到していただけに、和田が又吉に対してどのような態度をとるのかが注目されていた。

 当然同日は、又吉が出演しているということで、受賞を祝うコメントが共演者から寄せられていたのだが、その流れのなか、同局の国山ハセンアナが「夏休みといえば読書感想文が宿題にありますが、お勧めはありますか」と、又吉に質問。又吉は「ケン・リュウさんがお書きになった『紙の動物園』」と答え、その理由として「短編集やから読みやすいし」と半ばジョークを交えて返したのだ。

 すると和田は突然、「いまキミが(本を)出してる出版社から(その本も)出してはるの?」と、冗談とも嫌味ともとれる発言を挟んできた。

 これに対し又吉は、一瞬ギョッとした表情になったものの「ちゃいますよ」と苦笑いで否定。だが、他の出演者も含めイヤ~な空気が漂ったように見えた。

 この放送を見ていた芸能ジャーナリストはこう語る。

「和田が又吉を前にして、どんな言葉で祝福するか興味がありましたが、まさか、自著の宣伝に結び付けてると疑うなんて。何でもかんでも金の匂いを想起させるような発言は、下品を通り越して、もはやゲスの極みです」

 和田は昨今、又吉への前述の発言のほか、歌手の宇多田ヒカルに対しても、「妊娠したことも言わなかったのに、どうして産んでから‥‥。やっぱり新曲のあれかね? プロモーション?」と、あたかも自身の出産報告を新曲の宣伝に利用したとでも言わんばかりの発言をし、「侮辱だ!」とネットで批判を浴びるなどの失言が続いている。

 度重なるこれらの発言を和田一流のジョークととるかは人それぞれだが、少なくとも自らの品性を疑われるような発言だけは、慎んだ方がよさそうだ。

(李井杏子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 54881
    PR
    マイナス金利導入で値上がりも?まだ間に合う「生命保険の見直し」その秘策

    今年2月16日から、日本史上初の金融政策である「マイナス金利」が導入されました。だけど、この政策によって私たちの生活にどのような影響があ

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 56571
    PR
    年齢面で不利な“40代の婚活”を変えた「結婚相談所のサービス」その仕組とは?

    40歳を過ぎていよいよプレッシャーを感じてきたのが「結婚」の二文字。「まだ婚活は早い」「婚活をしなくてもそのうちいい出会いがあるだろう」

注目キーワード

人気記事

1
ゲス極・川谷絵音の衝撃発言で囁かれる「ベッキーのボディはバツグン」説
2
清原和博が供述した大物俳優「X」が警視庁に内偵されている!(1)検査をしようとしたところ…
3
パソコンに残ったデータを発見!?ベッキーとゲス極・川谷の愛欲LINEの流出元
4
貫地谷しほりが公開したすっぴん写真がまるで「行為中」そのもの!?
5
小林麻耶が一時意識不明、番組退席直前の異変とブログに綴っていた“心の闇”