エンタメ

「ラブライブ」声優の紅白出場で、大みそかの横浜や千葉が大パニックに!?

20151130lovelive

 紅白歌合戦の出演者が発表され、アニメ「ラブライブ」から生まれた9人組の声優ユニット「μ’s」(ミューズ)の初出場が決定した。アニメファンから喝采があがる一方で、同アニメのファンであるラブライバーたちが何かしでかすのではないかと、警戒の声もあがっている。テレビ誌のライターが要注意スポットを教えてくれた。

「紅白は東京・渋谷のNHKホールで開催されますが、観覧チケットの抽選受付はすでに終わっていますし、当日ホールに集まったところで紅白の様子がわかるわけでもなく、ホール周辺での騒動は限定的でしょう。むしろ警戒すべきはパブリックビューイング会場のほうじゃないでしょうか」

 昨年は横浜赤レンガ倉庫、千葉のイオンシネマ幕張新都心、NHK広島放送局の3カ所で開催され、今年も同じ場所になる可能性が高いパブリックビューイング。前回の会場では、アニソンの女王・水樹奈々の出番で多くのファンがペンライトを振る姿が見られたが、これといった混乱は発生しなかった。アニメ好きの芸能ライターが説明する。

「一般の方には誤解されがちですが、ほとんどのアニメファンは行儀がよく、大人しいもの。曲中でコールを叫ぶことはありますが、周りに迷惑を掛けないといった当たり前のマナーはちゃんと守る人たちばかりです。ただ、ラブライバーに限っては、非常識な行動をとるファンが少なくないことも事実なんですが‥‥」

 そんなラブライバーによる数々の悪行は、広く知れ渡っている。合同ライブで他のアニメのファンを殴ったり、ライブの様子を撮影してアップするといった迷惑行為はザラ。今年6月に劇場版が公開された際には映画館のロビーを占拠して騒いだり、チラシをバラ巻くといった問題行動が報告されている。そんなラブライバーには運営側も手を焼いているというのだ。芸能ライターが続ける。

「劇場版の公開時に運営側から発表された注意事項が、まるで小学生を相手にしているようだと話題になりました。ラブライバー以外のお客さんに迷惑をかけない、上映中はお静かに、携帯の電源はOFFなど、その内容は注意事項以前の常識ばかり。逆に言えば、こんな基本マナーをわざわざ伝えなければならないほど、ラブライバーの行動が幼稚だということですね」

 こんな常識さえ身につけていないラブライバーが、パブリックビューイング会場に大量に押しかけたら、トラブルが発生するのは必至だろう。μ’sの歌唱中に騒ぐだけならまだしも、他の出演者が歌っている際に大騒ぎしたり、他のファンと揉めたりしないことを祈るばかりだ。

(金田麻有)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコ、「私服姿公開⇒即削除」事件で囁かれる「芸能界引退」!
2
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(3)お相手の醜聞を広める理由
3
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(2)「得体が知れない」との声も
4
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(1)「母親だけの問題じゃない」
5
眞子さま「結婚延期」で浮上した皇室内の“壮絶ウラ攻防”