エンタメ

「ラブライブ」声優の紅白出場で、大みそかの横浜や千葉が大パニックに!?

20151130lovelive

 紅白歌合戦の出演者が発表され、アニメ「ラブライブ」から生まれた9人組の声優ユニット「μ’s」(ミューズ)の初出場が決定した。アニメファンから喝采があがる一方で、同アニメのファンであるラブライバーたちが何かしでかすのではないかと、警戒の声もあがっている。テレビ誌のライターが要注意スポットを教えてくれた。

「紅白は東京・渋谷のNHKホールで開催されますが、観覧チケットの抽選受付はすでに終わっていますし、当日ホールに集まったところで紅白の様子がわかるわけでもなく、ホール周辺での騒動は限定的でしょう。むしろ警戒すべきはパブリックビューイング会場のほうじゃないでしょうか」

 昨年は横浜赤レンガ倉庫、千葉のイオンシネマ幕張新都心、NHK広島放送局の3カ所で開催され、今年も同じ場所になる可能性が高いパブリックビューイング。前回の会場では、アニソンの女王・水樹奈々の出番で多くのファンがペンライトを振る姿が見られたが、これといった混乱は発生しなかった。アニメ好きの芸能ライターが説明する。

「一般の方には誤解されがちですが、ほとんどのアニメファンは行儀がよく、大人しいもの。曲中でコールを叫ぶことはありますが、周りに迷惑を掛けないといった当たり前のマナーはちゃんと守る人たちばかりです。ただ、ラブライバーに限っては、非常識な行動をとるファンが少なくないことも事実なんですが‥‥」

 そんなラブライバーによる数々の悪行は、広く知れ渡っている。合同ライブで他のアニメのファンを殴ったり、ライブの様子を撮影してアップするといった迷惑行為はザラ。今年6月に劇場版が公開された際には映画館のロビーを占拠して騒いだり、チラシをバラ巻くといった問題行動が報告されている。そんなラブライバーには運営側も手を焼いているというのだ。芸能ライターが続ける。

「劇場版の公開時に運営側から発表された注意事項が、まるで小学生を相手にしているようだと話題になりました。ラブライバー以外のお客さんに迷惑をかけない、上映中はお静かに、携帯の電源はOFFなど、その内容は注意事項以前の常識ばかり。逆に言えば、こんな基本マナーをわざわざ伝えなければならないほど、ラブライバーの行動が幼稚だということですね」

 こんな常識さえ身につけていないラブライバーが、パブリックビューイング会場に大量に押しかけたら、トラブルが発生するのは必至だろう。μ’sの歌唱中に騒ぐだけならまだしも、他の出演者が歌っている際に大騒ぎしたり、他のファンと揉めたりしないことを祈るばかりだ。

(金田麻有)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
出演作をコケさせガール!?水原希子ムービーが「観客10人」の大惨事!
2
乃木坂46白石麻衣の「倹約」告白にファンが再びザワつき始めた理由!
3
時の流れは残酷!? B’z・稲葉浩志のトーク顔が「完全にオバチャン」で騒然!
4
武井咲にあやかりたい「結婚待たされ」美女の“悩”プライバシー(3)井上真央に“神風”が吹いた
5
映画「銀魂」が37億円突破!「ジョジョ」は大爆死で格差が浮き彫りに