芸能

どっちがゲス?ベッキーの“開き直りLINE”でなぜか矢口真里の株が上昇!?

20160122yaguchi

 ベッキー批判が止まらない。1月21日発売の「週刊文春」で、直撃取材を受けた後もベッキーと「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音が仲むつまじいやり取りを繰り返していたことが報じられた。

 これにはベッキーに寛容なコメントが見られたネット上でも批判が殺到。ベッキーを擁護していた芸能人たちも口をつぐんだままだ。

「カンニング竹山、さまぁ~ず三村、おぎやはぎ小木、ナインティナイン岡村、雨上がり決死隊宮迫らが、ツイッターやテレビ、ラジオでベッキーを擁護していました。そのたびに批判の矛先が彼らにも向けられましたが、それも甘んじて受け入れたベッキー思いの芸人たちです。そんな彼らの思いをベッキーは踏みにじったのです」(芸能ライター)

 あまりに呆れる今回の“禁断愛”騒動に、「あいつのほうがマシ!」と思わぬ形で引き合いに出され、株を上げているタレントがいるという。

「矢口真里です。密会の現場に旦那が現れたと報じられ、散々叩かれたうえに活動を自粛。現在は元通りとはいかないまでもテレビに復帰しています。ベッキーは『第二の矢口』『どっちがゲスか』などと比較され、矢口よりベッキーのほうが擁護される意見が多かったことや、ベッキーのほうが社会的影響力が大きいことなどから、『矢口のほうがマシ!』という声があるのです。もっとも、マイナス100がマイナス50になる程度の再評価ですが」(週刊誌記者)

“ラブマシーン”と化したベッキー。ゲスキャラとワイプ芸を磨いて、矢口のポジションを狙ってみては?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
出演作をコケさせガール!?水原希子ムービーが「観客10人」の大惨事!
2
乃木坂46白石麻衣の「倹約」告白にファンが再びザワつき始めた理由!
3
時の流れは残酷!? B’z・稲葉浩志のトーク顔が「完全にオバチャン」で騒然!
4
武井咲にあやかりたい「結婚待たされ」美女の“悩”プライバシー(3)井上真央に“神風”が吹いた
5
映画「銀魂」が37億円突破!「ジョジョ」は大爆死で格差が浮き彫りに