芸能

夏のアイドルフェスを超先取!2016年を席巻するグループは!?

20160205breakidol

 アイドルブームは今年ますます熱くなる! 二大アイドルフェスの「TIF」と「@JAM EXPO」はいずれも開催期間を拡大。それぞれ100組を超える出場枠を目指し、あまたのアイドルグループがしのぎを削っているのだ。2月3日に発売された「アサ芸シークレット Vol.38」には今年中のブレイクが期待されるアイドルを多数掲載。その中からアイドル誌のライターに、要注目のグループをピックアップしてもらった。

「大ブレイク候補の筆頭は“妄想キャリブレーション”ですね。でんぱ組.incの妹分で、独自の世界観にハマるファンが急増。4月には最年少メンバーも20歳を迎え、大人っぽい雰囲気にも注目です。その妄キャリに対し、あふれる若さで攻めるのが“原宿駅前パーティーズ”。12歳のメンバーも多数在籍する“ふわふわ”など複数のグループで構成されており、そのステージはまさにアイドルの王道。原宿にある専用劇場の入場券は早くもプラチナチケット化しています」

 この2グループはいずれも実績豊富な事務所が運営。こちらのタイプでは他にも、ももクロの末妹的存在な“ばってん少女隊”や、ソニー系列の名曲をカバーする“アイドルネッサンス”などが名を上げている。一方でますます熱気高まるライブアイドルシーンにも注目グループは少なくない。アイドル誌のライターが続ける。

「昨年のTIFで注目された“大阪☆春夏秋冬”は今年、メジャー級にのし上がりそうです。ソロ歌手ばりの歌唱力を持つMAINAのボーカルを軸に、全7人のメンバーがダンススクール仕込みのスキルで縦横無尽にステージを駆け巡るライブは、まさに異次元クラス。一方で、ソロアイドル3人がトリオを組んだ“エムトピ”は、ライブアイドルの底力を結集したドリームチーム。楽曲もステージ演出も自分たちで手掛ける自給自足で、遊園地のような楽しいライブを提供しています」

 こちらでは他にも、くノ一風の衣装とハードな楽曲で観る者を釘付けにするデュオの“絶叫する60度”や、セルフプロデュースに長けた女子高生二人が寸劇を交えたライブを展開する“生ハムと焼うどん”など、まさになんでもありのグループが目白押し。王道・正当派からアバンギャルド・邪道まで、あらゆるジャンルを網羅する多様性に満ちている。メジャーから地下まで、どこを切っても現在のアイドルシーンは見どころだらけのようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(1)「母親だけの問題じゃない」
2
浜崎あゆみ、「新幹線のファーストクラス」移動に鉄道ファンがキョーレツ羨望!
3
眞子さま「結婚延期」で浮上した皇室内の“壮絶ウラ攻防”
4
有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?
5
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(3)お相手の醜聞を広める理由