芸能

重すぎる川本真琴と軽すぎる加藤紗里が招いた狩野英孝の「大幅イメージダウン」

20160206kano

 お笑い芸人の狩野英孝がピンチだ。シンガーソングライターの川本真琴がツイートした「わたしの彼氏を取らないで」の“彼氏”が狩野のことだと報道されると、今度は「私こそ彼女」とモデルの加藤紗里が名乗り出た。

 当初は「川本の狩野への重すぎる思い」が注目されていたが、仕事先のタイから帰国してテレビに現れた加藤が思いのほか口が軽い人物だったのだ。

「狩野とは『真剣交際しています』から始まり、『結婚を前提に』と言われたこと、狩野との交際に反対の親が『泣いていた』こと、狩野の魅力については『ないです。ホントにないんですよ』、そして今回の帰国は狩野からの要求で、加藤は狩野に旅費の20万円を請求したことなど、自分だけでなく狩野をおとしめることになるような発言を連発したんです」(芸能ライター)

 25歳にしてモデルとしてはほぼ無名だった加藤。いきなりマスコミに注目されて有頂天になったのかもしれないが、ネット上では非難殺到だ。

「『魅力ないのに付き合うって、金か売名じゃん』『ここにもゲスがいたか』『何でお前のほうが上から目線なんだ?』のほか、インスタグラムの文面が大人の女性と思えぬほど稚拙なところも指摘されています。重たい川本と軽薄な加藤に挟まれた狩野にも、『だらしなさすぎる』『二度と結婚しないと言ってたのに結婚前提で付き合う女がこの人か』などの批判が。そして、当事者なのにいつまでたっても釈明しない態度も批判の的になっています」(週刊誌記者)

 芸人とはいえ、神事にたずさわる仕事もしている狩野には、身も心も清廉性が求められるはず。「僕、イケメ~ン!」だからでは済まされない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    あなたも結婚できる!“人の手”にこだわった紹介サービスって?

    Sponsored
    52075

    話題の“こじらせ男子”というワケではない。40歳を過ぎてからというもの、職場でもそれなりの責任を任される立場にもなったし、性格だって明朗快活。それなのにナゼ、自分はこれまで結婚に縁がなかったんだろうか?旧友の「結婚しました!」という連絡を聞…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出張についてのアンケート

    Sponsored
    81003

    いつもアサ芸プラスをご愛読いただきありがとうございます。アサ芸プラスでは、今後出張に関する情報を提供させていただくにあたり、ユーザーの方の興味関心をアンケートでとらせていただいております。簡単な内容ですのでご協力よろしくお願いします。ご協力…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    秋津壽男“どっち?”の健康学「夜中、頻繁に目覚めるのは危険?不整脈や動脈硬化を合併する可能性」

    83505

    「あなた、またなの?」で始まるテレビコマーシャルを目にしたことがないでしょうか。夜中、頻繁に目が覚める旦那さんに対して、横で寝ている奥さんが声をかける内容です。同じ布団で寝ているパートナーが頻繁に起きると「いいかげんにしてよ」と言いたくなり…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤江梨子が海老蔵と結婚できなかった、市川家必須の「妻の条件」が凄すぎる
2
元SMAP・森且行が「パチンコ化」で「大損覚悟で打ちに行く」ファン熱狂!
3
スポンサーに怒られる!?本田翼が人気紀行番組でまさかの“失言”
4
ローラ、ネット民が「バストの先の“茶色い部分”が見えた」と大騒ぎ!
5
「陰口をいう人」ASKAが以前の仲間を痛烈批判、相手はやはりあの人!?