スポーツ

創部1年で選抜出場を果たしたあの高校が甲子園に帰って来る

 創部1年という史上最速記録で選抜出場を果たした高校がある。大会3日目の第1試合に登場する創志学園(岡山)だ。10年に学校が創立されると同時に野球部が創部され、翌11年の第83回大会に出場したのだ。この時は当然のように全員1年生部員ながら、前年の秋季中国大会で堂々の準優勝。史上最速で甲子園大会に出場したチームとして注目を浴びた。それに加えて開会式での選手宣誓という大役も、当時の野山慎介主将が任されることになり、こちらも甲子園史上最速記録として話題となった。ところが試合では北海道の古豪・北海の前に1対2で惜敗し、初戦で敗退した。

 その5年後の16年、リベンジを期して2回目の出場を果たしている。この時は同年のドラフト会議で読売に5位指名される、エース・高田萌生が主軸。高田は最速154キロを誇り、“松坂大輔2世”と呼ばれるほど大会前から注目の右腕だった。

 だが、初戦こそ5対1で東海大甲府(山梨)に快勝したものの、2回戦でこの大会の準優勝校となる古豪の高松商(香川)の前に1対5で完敗。同年は夏の選手権にも初出場を果たし、またも高田がクローズアップされたものの、その肝心の高田が乱調。4対0とリードしていた4回裏に4点、5回裏にも4点を取られ、結局、8対11で初戦敗退となってしまった。要は過去3回、大会前に注目されたものの、いずれも結果を残せなかったチームなのである。

 そして3季連続出場を果たした今大会。初戦で戦うのは絶対的エースの本格右腕・三浦銀二を擁する福岡大大濠。昨年秋の九州大会の覇者で優勝候補の一角に数えられる強豪だ。果たして創志学園は、今回こそ好成績を収められるのか。過去3回と違って、今回はそれほど注目度が高くないのが救いではあるが‥‥。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    中年“メタボ”おやじからカッコイイ上司へ変わる食習慣とは?「酵素」の消化活性力に注目!

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
乃木坂46西野七瀬「恋愛ドラマ」の共演俳優に乃木坂ファンが一斉警告したワケ
2
「先輩」田中みな実も仰天!?青学準ミスに“自作自演”疑惑浮上で非難の嵐
3
藤原紀香、ミス・インターナショナル大会で各国代表を総「公開処刑」した!
4
やっぱりすごい!藤原紀香、胸がパンパンすぎてドレスの柄が目に入らない!?
5
松坂大輔とイチロー「二大戦力外」のストーブ戦線(1)「じゃあ勝手に出ていけよ」