芸能

中居正広がWBCの現場で“暗黙のルール”を破り記者たちから大ブーイング

 3月16日発売の「週刊文春」が、第4回WBC(ワールドベースボールクラシック)の現場にて、中居正広が一部記者から大ブーイングされていたと報じた。中居は、今大会で日本代表公認サポートキャプテンを務めている。

「一次ラウンドの初戦、中居が先発投手に取材をしていた時のこと。記事によると、記者が現場に足を踏み入れた場合、先発予定の投手は本番前に集中しているため、取材をしてはならないという“暗黙のルール”があるそうです。にもかかわらず、中居は投手と数十分も話し込んでいたため、現場でその様子を見たベテラン記者からは、大ブーイングが上がっていたのだとか」(芸能記者)

 とはいえ、2戦目以降は先発投手への接触を控えていたようで、彼がそのルールを知らなかっただけという声もある。

 そんな中居といえば、前大会でも一部スポーツ新聞が「解説者気取り SMAP中居黙れ」と一面でバッシング記事を掲載し、大きな話題となった。だがテレビ誌記者によると、中居はWBCを中継するうえで欠かせない存在だと語る。

「WBCは瞬間最高視聴率が30%を超えることも珍しくありません。そんななか、SNSでは普段は野球中継を見ない層が、“中居が出ているから見る”という理由で視聴しているという声が非常に多い。つまり、彼の存在が野球ファン以外の視聴者の開拓に結びついているため、局側は今後も中居を起用し続けることでしょう」

 賛否が飛び交う中居のリポートだが、試合中はメモを懸命に取り、コメントの準備する姿などは、現場の記者からも評価する声が上がっているという。今後、彼の努力が野球ファンからの信頼に繋がればいいのだが。

関連記事:侍ジャパンもビックリ!?中居正広がナイン全員に贈った高級プレゼントがセンスありすぎ http://www.asagei.com/excerpt/77206

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    溶解~抗菌~浸透~鎮痒のプロセスで白癬菌を退治!「水虫」の正しい治し方

    Sponsored
    86516

    「あれっ、なんだか足がかゆい」こんな症状に覚えはありませんか? 我慢できないほどのかゆみがなくても、もしかしてそれは「水虫」かもしれません。水虫は、白癬(はくせん)菌という真菌(カビ菌)が、皮膚、角質、爪などのケラチンを栄養源に繁殖して起こ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    実写映画化で話題沸騰! 『ジョジョの奇妙な冒険 第4部~PART4 ダイヤモンドは砕けない~』のコミック版が無料試し読みに登場

    Sponsored
    85664

    最近は、新聞も雑誌もコミックもスマホで!なんて話をよく聞きます。デジタルをスマートに使いこなすサマは、かっこいい「大人」って感じですよね。でも、紙の雑誌で育った世代にとっては、まだ未体験という人も多いのでは。そんな人にオススメしたいのが、電…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志、「発言がカットされた」苦言で囁かれる「上原多香子」と「番組降板」!
2
上原多香子 夫の自殺に親友が姿を見せない本当の理由
3
上原多香子、無言で謝罪する足元に漂う違和感で囁かれる「妊娠説」!
4
「不貞報道」上原多香子、夫遺族が「証拠」を今公開せざるを得なかった理由!
5
上原多香子「奔放だった男グセ」を「居酒屋デート」ミュージシャンが初激白!