社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「夜中、頻繁に目覚めるのは危険?不整脈や動脈硬化を合併する可能性」

「あなた、またなの?」で始まるテレビコマーシャルを目にしたことがないでしょうか。夜中、頻繁に目が覚める旦那さんに対して、横で寝ている奥さんが声をかける内容です。同じ布団で寝ているパートナーが頻繁に起きると「いいかげんにしてよ」と言いたくなりますが、「夜中、頻繁にトイレに行きたくなる」のと「夜中に頻繁に目覚める」のとでは、どちらが深刻な症状でしょうか。

 夜中に男性がトイレに行きたくなる場合、前立腺肥大が疑われます。50歳前後で始まり、70歳になれば誰でも例外なく肥大します。いわば白髪が生えてくるようなものですが、人により差異があり、手術が必要な人もいれば「トイレが近い」で済む人もいます。

 前立腺肥大かどうかは、おしっこの出方でわかります。出そうとしてもすぐに出ず、排尿の勢いも「チョロチョロ」。若い人と同じタイミングでチャックを降ろしても、締めるタイミングが遅くなります。お酒を飲んでいないのに一晩で3回以上トイレに行く人は、前立腺肥大と見て間違いありません。

 また、女性が夜中トイレに何度も行く場合、「過活動膀胱」が考えられます。これは中年女性に増えている症状です。

 女性の場合、おしっこがたまると「出して」という信号が脳から膀胱に送られますが、少ししかたまってないのに信号が出てしまうものです。バス旅行などで「次のトイレが2時間後」という場合、「今のうちに」とトイレに行きますが、こうした焦りが続いた結果、膀胱を過敏に活動させてしまいます。

 思い当たる女性の方は、おしっこを我慢してみてください。最初は10分、次は15分などと我慢をするうちに、正常な膀胱感覚に戻ります。外出先でやるとパニックになりかねませんので、家の中や職場など「いつでもトイレに行ける環境」で練習するといいでしょう。

 以上のように「おしっこで目が覚める」のは、加齢から来る前立腺肥大か、ストレスが原因のケースがほとんどです。

 対して、トイレに行きたくもないのに頻繁に目覚める場合、「睡眠障害」が疑われます。これは朝まで睡眠を持続できない症状で、長く続くと血圧が上がり、心臓にも負担がかかります。寝不足を招いた結果、ストレスが生じて胃腸に負担をかけ、朝方の心筋梗塞や動脈硬化の原因ともなります。

 夜の睡眠とは、昼間のストレスを解消させ、明日に向けてリセットする時間帯です。いい睡眠が取れないと前日の疲れが取りきれず、慢性化すると大病に結び付く危険があります。

 睡眠障害は、国際分類で見ると不眠症、呼吸障害(睡眠時無呼吸症候群)、過眠症(ナルコレプシーなど)、リズム睡眠障害、睡眠時随伴症(寝ぼけなど)、運動障害の6つに分けられます。最もポピュラーな不眠症には「入眠障害」や「中途覚醒」などがあり、多くは睡眠薬を用いますが、依存症という弊害もありますので、できれば使いたくないところです。

 睡眠時無呼吸症候群は睡眠時に呼吸が一時的に止まったり、低呼吸となる症状です。しばらく無音なのに、いきなり大きないびきをかくのが特徴です。太っている人に多く見られ、高血圧や不整脈、糖尿病、動脈硬化などを合併するため非常に危険です。夜中に熟睡できないため昼間頻繁に眠くなります。思い当たる方は医師に診てもらいましょう。

 快適な毎日を送る場合、快適な睡眠は不可欠な要素です。枕を高くして眠れるよう、不安なことはできるかぎり忘れ、明日に向けてリセットしてください。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
出演作をコケさせガール!?水原希子ムービーが「観客10人」の大惨事!
2
乃木坂46白石麻衣の「倹約」告白にファンが再びザワつき始めた理由!
3
武井咲にあやかりたい「結婚待たされ」美女の“悩”プライバシー(3)井上真央に“神風”が吹いた
4
時の流れは残酷!? B’z・稲葉浩志のトーク顔が「完全にオバチャン」で騒然!
5
映画「銀魂」が37億円突破!「ジョジョ」は大爆死で格差が浮き彫りに