芸能

「ちゃんとできないから芸人になったんや」千原せいじの叫びに賛否続々!

 お笑いコンビ・千原兄弟の千原せいじが8月30日放送の「ひるキュン!」(TOKYO MX)に出演し、現在の芸能界を取り巻く環境が「人生最大のストレス」だと述べている。

 今やタレントにも私生活における厳しいモラルやマナー、誠実な振る舞いが求められる時代となり、不貞行為などを含む不祥事を起こしてしまえば、すぐにキャリア存続の危機にまで瀕してしまうのが現状だ。せいじは昨今の芸能界に対する“要求の高さ”について、「そもそも(自分は)学校にもロクに行ってないから芸人になったんですよ」と切り出すと、続けて「やっと吉本興業で飯を食えるようになったのに、今はちゃんとせなと思って、これが人生最大のストレス。やれ“時間通りに来い”だとか、やれ“こんな発言はするな”とか」と話し、制約が多すぎる現状を嘆いた。

 さらに、「そもそもルールなんて守られへんから高校時代も停学8回なってますねん。それを何とか持ち前の明るさで乗り切ってきたのに」「“テレビに出てんねんからちゃんとせな”って言われんねんけど、“いやいや、ちゃんとでけへんからテレビに出る仕事にしたんや”って言いたい。何にもできないからここにいるんだよ、ボクは」などと力説し、芸能界を選んだ経緯を説明している。

「芸能人による不祥事などが発覚した際などには、ネット上でも『タレントだったら何しても許されんのか!』や『どうせ芸能人は一般人と違って不祥事を起こしてもすぐに復帰できる』といった旨の書き込みがなされ、それらの反応からは一様に“タレント”という職業をどこか特権の持ち主として捉えているフシがあります。しかし、せいじの今回の主張は逆の見方で“一般人が当たり前にできている事ができないからタレントになった”という表現です。ある意味でみずからの人生を自虐気味に振り返ったせいじの説明には『なるほど、確かにそうかもしれない』『この人が言うと説得力あるな』との賛同が集まった一方で『スゴい開き直りだ。ルールは守らなきゃいけない』『常識が無いことと、尖ってることは別問題』という声も集まっています」(テレビ誌ライター)

 賛否が真っ二つに分かれてしまったせいじの主張だが、高額なギャラを受け取っているプロの仕事である以上、いつまでも若かりし日の価値観を引っ張り続けることは虫が良すぎるという声があるのも理解できる。

 かつては横山やすしや立川談志といった破天荒な振る舞いでたびたび物議を醸す芸人も存在したが、やはり今のご時世ではそのようなタイプのタレントは肩身の狭い思いをしてしまうのかもしれない。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
2
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
3
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
4
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
5
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件【2024年6月BEST】