芸能

「3年A組」川栄李奈が鼻から垂らした“ダイヤモンド”に拍手喝采!

 美術教師が生徒を人質に立てこもる展開が話題のドラマ「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)の第2話が1月13日に放送され、視聴率10.6%をマーク。2週続けて2ケタの大台を突破した。

 今回は教師役の菅田将暉が、自死した生徒の景山澪奈(上白石萌歌)をネット掲示板で誹謗中傷していた投稿者の正体を暴くべく、生徒たちに該当者はみずから名乗り出るように要求。一度はクラスメートをかばうために茅野さくら(永野芽郁)が名乗り出るものの、ついには宇佐美香帆(川栄李奈)が自分が犯人だと自供した。そのシーンで川栄が見せた演技に視聴者からの喝采が集まっているという。

「川栄は最初、菅田の説教に反抗的な態度を見せていたものの、上白石に嫌われたと思っていたのは勘違いだと知ったことで号泣。そのシーンがあまりにも真に迫っていたのです。川栄は耳まで真っ赤に染めるほどに顔を紅潮させ、相当に気持ちが入っていた様子が見て取れました。そして極めつけは鼻から垂らしていた鼻水。号泣した際には涙が鼻に流れ込みますが、そのためにはよほど大量の涙を流す必要があります。ここで川栄は目元からボロボロと文字通り落涙し、さらに鼻の下に光る鼻水を隠そうともせず、心の底からの悔恨ととも泣いている姿を演じ切ったのです」(テレビ誌のライター)

 お笑いの世界、中でもリアクション芸人などにとっては“ダイヤモンド”にも例えられる鼻水だが、川栄のような若い女優では見た目が損なわれることを嫌い、鼻水姿をさらしたくない者もいるようだ。ところがドラマの世界で語り継がれる号泣シーンには、このダイヤモンドが垣間見られるという。

「2011年10月期の『家政婦のミタ』(日本テレビ系)は、最終回が視聴率40%を記録するお化け作品に。同作で感情を見せない家政婦を演じた松嶋菜々子は、終盤でついに涙を流すようになり、鼻水まみれの号泣シーンで視聴者の心を打ちました。また05年の『1リットルの涙』では、ヒロインの沢尻エリカがタイトル通りに大量の涙を流し、見事なダイヤモンドを披露。この演技で19歳にして演技力の高さを印象づけたのです。ほかにも鼻水ダダ漏れの号泣シーンを披露した女優は多く、その多くはいまでも一線級で活躍しています。それゆえ川栄も今回の涙&鼻水で、演技派との評判をますます高めたことでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 そんな川栄に触発されて、今度は永野や上白石、もしくは目ヂカラモンスターと称される今田美桜らが美しいダイヤモンドを見せてくれるのか。号泣シーンへの注目度が高まりそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった