芸能

浜崎あゆみだけじゃない!?元カレ会長が抱いた大物女性歌手とは?

 8月1日に発売された浜崎あゆみの“暴露本”「M 愛すべき人がいて」が、累計発行部数13万部を超えるベストセラーとなっている。本の中では、現エイベックス会長・松浦勝人氏との恋愛が、生々しく綴られているという。

「本の中で浜崎は、自身が作詞した一部の内容が、松浦氏へのラブレターだったと明かしています。しかし想いを抱いていた当時、彼には妻がいたことで気持ちを抑えていたそうです。ですがその後、松浦氏が離婚したと知ると、浜崎はFAXで彼に『一生隠しておこうと決めていた想いですが告白します。あなたが好きです』と告白。すると翌日、松浦氏は赤いフェラーリに乗って浜崎の実家へ向かい、『あゆみさんと付き合ってます。真剣です』と両親に伝え、交際が始まったようです」(芸能記者)

 だが、浜崎がスターへの道を駆け上がっていくことで、2人は次第にすれ違うようになり、2年弱で破局となったようだ。そんな浜崎の心を射止めた松浦氏といえば、過去には派手な私生活に関する疑惑も報じられたことがあったという。

「13年に発売された『週刊文春』によれば、松浦氏はかつて渋谷にプライベートバーを所持しており、そこには各界のセレブが夜な夜な集まっていたそうです。そして誌面では当時の参加者が、ある夜の出来事を語っています。それによると、有名女性歌手のKがなぜか服も着ずにフロアを『夢遊病』のように歩いていたとのこと。するとそれを見た松浦氏は、彼女を指差して『小室の彼女をヤってやったぜ!』と、当時、小室哲哉の恋人と思われる相手との関係を自慢していたというのです。それが事実であれば、松浦氏は、当時時代を席巻した2大歌姫を抱いた男ということになります」(前出・芸能記者)

 90年代、ミリオンセラーを連発していたレコード会社のエイベックス。そのプライベートは、庶民に想像もつかないほどの派手な生活だったのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
2
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
3
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
4
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
5
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?