政治

韓国が国内外で抱える“性”にまつわる不都合な真実(3)「ベトナム国内での問題には謝罪なし」

 ベトナム戦争時、アメリカから金をもらうため、韓国は軍をベトナムに派遣した。この時、産み捨てられた「ライダイハン」は象徴的な強姦被害者である。藤木氏が語る。

「『ライダイハン』は、韓国人とベトナム人女性との間にできた子供です。ライが混血、ダイハンが韓国という意味ですが、ベトナムでは差別語として使われています。主に40代~50代で、戦争当時、ベトナムに大挙して行った韓国人が産ませるだけ産ませて、逃げてしまった子供たちなのです」

 自国民を大量に殺した韓国人との間にでき、産み捨てられた子供たちは、激しく差別されることになったのだ。

「ライダイハンは5000~3万人いると言われていますが、実数が把握できていません。就業などでも差別された結果、犯罪などに手を染めて社会問題化しています」(藤木氏)

 従軍慰安婦への度重なる謝罪と補償を日本政府に要求する韓国だが、92年にベトナムとの経済関係を樹立している。

「その際、ベトナムを訪問した李明博〈イミョンバク〉前大統領は謝罪など一つもせず、『未来志向で行きましょう』と言いのけたのです。朴大統領も13年9月にベトナムに行きましたが、当然、何の謝罪もしませんでした」(藤木氏)

 そもそも慰安婦の強制連行は韓国と「朝日新聞」が共同で造り上げた歴史だ。昨年9月に米国で「慰安婦問題の真実」について講演した国際政治学者の藤井厳喜氏は、「売春と強姦」大国である韓国に対してこう憤るのだ。

「韓国は慰安婦問題について、女性の人権問題だからと言います。慰安婦像をアメリカに建てるなら、まず自分たちの『売春婦』や、生み出した性被害者の像を建てるべきでしょう。自分たちで反省して、自国の女性の人権を尊重してから日本に文句を言いなさいと言いたいです。とにかく、韓国だけには文句を言われたくないですね」

 慰安婦の強制連行を認めた河野談話の検証を試みていた政府だが、14日、安倍総理は参院予算委員会で、

「安倍内閣で(談話を)見直すことは考えていない」

 と明言した。

 政治が決断できないとなれば、せめて我々だけでも、あの国の“不都合な真実”を正しく知るべきだろう。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西野カナの休養宣言で芸能界に広がっている「意外な風評被害」とは!?
2
中居正広、2番組打ち切り報道で急浮上した「ポスト中居の意外ジャニタレ」
3
松本人志・三又又三「絶縁騒動」に続きあの“電撃”芸人にも金銭トラブルが
4
藤原紀香、広末涼子…今年前半は芸能人夫婦の“改元離婚”ラッシュが起きる?
5
「ゴチ」に千鳥ノブ加入で「これでアノ男はなおさらいらない」の声続々!