社会

オヤジたちに朗報!下半身の治療薬が安価になる?(1)バイアグラと同じ成分のジェネリック薬が発売可能に

 1000万人以上とも言われるED患者のみならず、アノ最中の硬度が足りないと感じているオヤジ、さらに将来は薬の手助けが必要になるかもと悩んでいる予備軍まで、日本中のオヤジたちに朗報である。これまでよりも勃起薬が安価となるというのだ。ついに“毎日フルボッキ時代”がやってキター!

 99年に発売されたED治療薬の元祖である「バイアグラ」。現在もなお多くの下半身問題に悩まされている男性の救世主的存在であることに変わりない。

 そのバイアグラの主成分、シルデナフィルの勃起不全治療での用途特許が、5月13日をもって期限切れを迎えた。すなわちバイアグラと同じ成分のジェネリック薬が発売可能となったのだ。

 医学ジャーナリストの松井宏夫氏が話す。

「ジェネリック薬品は新薬と違い、製薬メーカーにしてみれば、研究開発費が少なくなるため、先行薬より安価で発売できます。一般的には、先行薬の価格の40~80%ぐらいが平均値と言えるでしょう」

 現在、バイアグラで最も多く服用されている50mg錠は、クリニックで処方されると1錠1500円前後である。仮に6割引きとなれば、バイアグラジェネリックは1錠600円。1500円のバイアグラを飲んで週イチで励んでいたオヤジも、バイアグラジェネリックを使えば週2回ヤッてもお釣りがくる計算になる。

 しかも、韓国では12年にバイアグラジェネリックが発売になったが、価格は5分の1だった。大きな期待が寄せられるところだが、残念なことに日本でのバイアグラジェネリック発売は、もう少し先になりそうなのだ。

 ED治療を専門とする医師はこう話す。

「私が知るかぎり、日本の製薬メーカー5社がバイアグラジェネリックの発売を目指しています。ただ、バイアグラと同様に保険適用外の治療薬ですので、価格は製薬メーカーが決めます。市場原理からいっても、最安値の順に2社ぐらいのバイアグラジェネリックしか生き残れない可能性が高い。そのため、各社とも他社の価格を気にして、お見合い状態になっているのです。当初は6月にも発売と言われていましたが、8月ぐらいまでずれ込むのではないでしょうか」

 15年もバイアグラジェネリックを待っていたのだから、あと数カ月など待つうちには入らないはず。

 しかも、ジェネリックが発売されれば、製薬メーカーにも“副作用”が現れる。

「単純に経済の原則だけで考えれば、生産ラインを構築して、すでに減価償却を終えているファイザーのほうも、ジェネリックに対抗してバイアグラの価格を下げる可能性もあります」(前出・ED専門医師)

 実に心躍る、いや愚息躍る未来ではないか。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”