スポーツ

鳴戸親方の指導はコワモテ暴力の嵐

 今場所、大関獲りにチャレンジする稀勢の里を擁する鳴戸部屋で、鳴戸親方(59)=元横綱隆の里=の度を越えた暴力や、体重を増やすため弟子の隆の山にインスリンを頻繁に注射したとするドーピングの疑いが持ち上がっている。
 鳴戸親方といえば、糖尿病を克服して横綱を張った苦労人。「おしん横綱」と言われた人物だ。部屋を興してからも、若の里、隆乃若、稀勢の里を育て、とりわけ今場所は稀勢の里の大関獲りの大事な場所だけに、このスキャンダルは痛い。
 日常的な暴力やインスリンの強制注射疑惑を指摘した週刊誌記事をきっかけに、日本相撲協会は10月27日、鳴戸親方と隆の山を個別に呼んで、事情聴取した。放駒理事長(元大関魁傑)は、
「今後も調査を続け、処分は理事会で決める」
 としている。
 もろもろの不祥事で、五月場所を技量審査場所に追い込まれた相撲協会としては、新たなやっかいごとに頭を抱えていることだろう。 相撲関係者が言う。
「あの部屋はガチンコ力士ばかり。稽古もよくするが、部屋はまるで戦中の日本のような沈鬱な雰囲気が漂っている。原因は親方です。相撲部屋は黒いカラスも親方が白いと言えば白くなると言われますが、あそこはそれを地で行っている」
 こんなことがあった。親方は弟子に注意する際、自分が見たテレビドラマを引き合いにして、延々と説教するという。
「みんないい汗をかいているのに、それを中断してやるものだから、せっかくの稽古が台なしになる。通信社がそれを記事にして配信したら、ある地方紙が掲載した。後援会の一報で知った親方は激怒して地方紙に抗議したが、通信社の配信と知って今度は猛然と通信社に抗議した。あまりの剣幕に、社では今後このような記事は掲載しないと謝罪したそうです」(スポーツ紙記者)
 4年前の時津風部屋の暴行致死事件を受けて、相撲界では行き過ぎた体罰をしないことを申し合わせたが、鳴戸部屋ではどこ吹く風。チャンコの味が薄いと弟子の頭が割れるまで角材で殴ったり、大関候補だった若の里をスコップでぶん殴り、5針も縫うケガをさせたというのだから、尋常ではない。5年で20人以上の弟子が夜逃げ同然に〝逃亡〟したという。 相撲ジャーナリストの中澤潔氏が言う。
「鳴戸親方は土俵の鬼の旧二子山イズムを継承するのは自分だと自負しています。稽古に邁進し、弟子には体でわからせる。しかし、いくら何でもちょっとやりすぎですよ」
  実はこんな話もある。
「弟子が遊びほうけないよう独身者の預金通帳をおかみさんが管理しています。そのため、弟子は金が必要になると、おかみさんに言って下ろさなければならない。いくら何でもこれではオフの時間、自分のやりたいこともできず、鬱積が充満してしまいます」(前出・スポーツ紙記者)
 報道では、部屋付きの行司の男色説まで指摘されているが、自分で自分の金が自由にならないのでは男色に走るのも無理はないかもしれない。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
整形を命令、タメ口に大激怒…GACKT、元恋人の暴露で露呈した異常な下半身癖
2
嵐・二宮和也が「ビール腹」に!活動休止までの2年を乗り切れるか?
3
胸の渓谷がくっきり!土屋太鳳のFカップ「タオ胸」が過去最高の仕上がり
4
花田優一、各局からの“異例の特別扱い”は「河野景子のご機嫌取り」!?
5
真木よう子に深田恭子…“着衣バスト”を強調するドラマが増える理由