スポーツ

日ハムが盟主・巨人に噛みついた本当の理由(4) 浪人生活が選手生命を左右

 一方、「明治神宮大会が終わり、全ての日程が終わるまでは、プロ関係者と会う必要がない」と面会を拒否していた菅野だったが、思わぬ幕切れが訪れた。
 ドラフトから6日後の11月2日、明治神宮大会の出場枠を狙っての関東地区大学選手権予選で、まさかの逆転負けを桐蔭横浜大に喫してしまったのだ。これにより、日ハムとの交渉は事実上“解禁”になった。
 だが、菅野の祖父・原貢氏は
「巨人以外の指名だったら、アメリカに行かせる」
と公言。菅野の父・隆志氏は、
 「関係者に迷惑がかかるから早めに結論を出す。一浪という選択肢もある。大学の施設はすばらしいし、そういう選択肢もある」
 と大学院の進学を匂わせてもいる。
 菅野が日ハムの指名を拒否した場合、社会人か独立リーグに所属した場合は、2年間はドラフトの対象外になる。米大リーグや米独立リーグに所属した場合も同様である。
 あくまで、1年間の浪人にこだわるならば、海外留学か、大学院への進学、もしくは自主トレの3つの方法しか残されていない。
 巨人の歴史を振り返ると、77年にクラウンの指名を蹴って、南カリフォルニア大学に留学した77年の江川卓の例があるが、必ずしも選手にとって得策とは言えないようだ。当時の監督だった長嶋茂雄氏も、「(入団後)秋の伊東キャンプで徹底してしぼり込んでも、元に戻るには3年間はかかった」と語っていたほど。
 同じく89年にダイエー1位指名を蹴って、アメリカで1年間を過ごしたあと、巨人に入団した元木大介ものちに、「あの1年がなければ、もっといい選手になっていたはず」と悔やんでいた。
 さらには、2年間のブランクはより深刻だ。過去にはロッテを蹴って、松下電器に進んだ90年の亜大の小池秀郎や、同じくロッテを拒否して住友金属に進んだ76 年ドラフトの駒大の森繁和の例はあるが、いずれもプロとしての旬を逃してしまい、プロ入りしたあとも目立った成績を残していない。
 高3の夏に神奈川県大会の決勝で敗れ、甲子園でその姿を見せることができなかった菅野は、春の大学選手権、秋の神宮大会にも出場を果たせず、神宮球場で雄姿を見せるという目標を果たすことができなかった。
「最後は菅野本人が決めると言うが、祖父の原貢氏の意向に従うのは、原家の家訓。それに逆らったのは、辰徳が結婚を申し出た時ぐらいです。恐らく東海大の系列で1年間、面倒を見てもらうのではないですか」
 と見る関係者も多い。
 一方、すっかり旗色の悪いのが、果敢に指名をした日ハムだ。ここに来て、「挨拶に行ったら、おやじさん(原貢氏)にブン殴られるぐらいの覚悟をしないとな」と、すっかり弱気になってしまっている。
 だが、水面下では、巨人と日ハムの間には、選手のトレードを巡っては、依然として蜜月関係にある。
 前出・球界関係者が言う。「巨人にFA移籍して成功した小笠原道大など、過去に9人もの選手が、日ハムから巨人に〝移籍〟している。そう考えれば、江川が行ったように、1度入団したあとでの三角トレードも考えられなくもない。ただフェアプレー精神の塊である原監督が、その手法をとるとは思いませんが‥‥」
 まさに日ハムが仕掛けた巨人との“30年戦争”。菅野が下す決断とは!?

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
千眼美子、台湾で見せた「肉体の激艶変化」に男性ファンが騒然!
2
石田ゆり子が結婚できない理由はペットにあらず!本当の原因は別だった?
3
デカすぎる!本田翼、美バスト披露でメイキング映像にアクセス殺到!
4
鈴木愛らとバチバチ!「しぶこ」が同組で無視される“緊迫バトル”全貌とは?
5
日テレ水卜麻美、リバウンド指摘もファンから上がった「歓喜の声」!