事件

紳助親分の報復戦 (3) もう「惨劇」は避けられない

 ヤクザ社会においても東西を二分するような大規模な抗争事件は過去にない。となれば、火蓋を切った今回のお笑い「第2次東西抗争」が簡単に手打ちになることはないだろう。前出・芸能記者もこう話す。

「引退をイジることを許されているのは、紳助が気を許した一部の吉本の後輩芸人だけです。関東芸人の中では、『爆笑問題』がライブの中で、紳助の引退をネタにしたことはありますが、限られた客の前でのことです。今回は、公共の電波でイジってしまった。その反響は桁違いですよ。しかも、石橋は一度ではなく何度もやっているわけですからね」
 ところが、不思議なことに、紳助と石橋はきちんとした共演がまったくない。なぜ、顔を合わせたこともない相手に、石橋はそこまでムキになるのか。
 どんな大物も恐れずにイジり倒すのが石橋の芸風ではある。それにしても、ここまで執拗に挑発を繰り返すには、やはり理由があるはずだ。
 芸能評論家の三杉武氏はこんな解釈を披露する。
「関東の芸人は巨大な吉本軍団に対して、少なからずライバル心を抱いているものです。特に、石橋の所属事務所は個人事務所で、吉本はテレビ局にさえ影響力がある大資本。そんな悪条件でも成り上がったという石橋の自負がそうさせているのかもしれません。さらに、紳助も石橋も他の芸能人を生かして、笑いを取るタイプですが、石橋は最後まで面倒を見る兄貴肌です。対する紳助は、見切りをつけると、容赦ない態度を示す。そうした、紳助の態度に石橋が怒りを感じていても不思議ではありません」
 かつては、紳助もファミリーを抱える「親分」である。当然、売られたケンカを買わないわけがない。
「09年の両者のケンカは、紳助がテレビ局への配慮もあって、自然に収束しましたが、今回は事情が違います。紳助は引退して、今のところは『一般人』ですから、どこにも遠慮する必要はありません。意外な反撃をしてくる可能性だってあります」(前出・芸能ジャーナリスト)
 現在の紳助の沈黙は、親分みずからが本格的な「報復」の準備を開始した証左かもしれない。言葉の「実弾」が飛び交い、東西に二分された芸人たちの心を切り裂き、血が流れる‥‥。
 紳助親分が一発カマせば、そんな〝惨劇〟に発展することは間違いない。

カテゴリー: 事件   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
5
坂口杏里、“顔だけなら坂道グループにいそう”自画自賛発言にネット民猛反発