スポーツ

なでしこ澤穂希が「金・オトコ・世界一」を語り尽くした(3) 過去の恋人の思い出も告白

〈中学2年生の時に、好きになった男の子に告白して、みごとにフラれて以来、自分から告白する勇気が出ません。(中略)告白はPKと同じぐらい、私のトラウマなんです〉
 今回の著書では、今まであまり触れることのなかった恋愛観についても澤は赤裸々に語っている。とりわけ、過去の恋愛について語っているエピソードは多くの読者の心を打つはずだ。
 スポーツ紙記者が話す。
「澤には過去に、結婚寸前だった米国人男性がいました。しかし、サッカーを取るか、結婚を取るかで別れました。テレビ番組などで軽く触れることもありましたが、本人が正面から心境を語るのは、初めてのことではないでしょうか」
 澤は過去の恋人についても「なぜ、結婚よりもサッカーを取ったか」の中でつづっている。
 99年、20歳の澤は大学を中退してアメリカのクラブチームに移籍した。そこで、くだんの米国人男性と恋に落ちたという。その恋人とは真剣に結婚を考えていたそうだが、03年にアメリカ女子サッカーリーグが突然休止を発表し、運命の荒波にもまれることになる  その時、澤は引退し、結婚することも考えたという。
〈サッカー選手を引退し、結婚することも考えました。家庭に入って彼を支えるのもいいのかなって〉
 そんな時に、彼がこんな言葉をかけたという。
〈「ここでサッカーをやめたら、きっと後悔するよ」〉
「結局、澤さんは、その言葉と『夢をかなえよう』とする自分の気持ちを信じ、翌年の04年シーズンに、6年ぶりに、自分を育ててくれた古巣に復帰しました」(前出・担当編集者)
 もちろん、心には大きな穴があき寂しい時期もあっただろう。しかし、今は、
〈想い出は想い出であって、それ以上のものではないんです。常に自分の思いや、目標に向かって突っ走ってきたから、過去のことは引きずりません〉
 と言い切っている。
 さらには、「結婚」についても澤は、忌憚なく話している。なんと「結婚はサッカーをやり尽くした後で」での項では、
〈私がサッカーをやめる時は、結婚する時になるんだろうと、何となくイメージしている〉
 そして、理想の相手としては、
〈やっぱり尊敬できる人、そして、私を受け止めてくれる人ですね。外見とか、お金持ちとか、有名であるとかは関係ないです〉
 担当編集者が話す。
「意外と言ったら失礼ですが、『結婚したら、家族に尽くしたい』そうです。『旦那さんが仕事から帰ってきたら、起きていて御飯とお風呂を用意して迎えてあげたい』そうで、『旦那さんにとって落ち着ける家にしてあげたい』と話していました」
  そして、子供への思いもこう語っている。
〈子どもはできれば男の子がほしい。しかも3人ぐらいはほしいなと思っています〉
 理想の母親像についても、「目標にされる母になりたい」という項で、
〈「お母さんは俺の自慢だぜ」って言ってもらえたら嬉しい〉と語っている。
 また、自分の幼少時代のいじめ体験にも触れ、最終的に未来の子供たちには「自分の事は自分で解決できる人物になってほしい」と願う澤からは、女性ならではの包容力がうかがえよう。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
3
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
4
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!