政治

「爆死恐怖」「戦車がない」プーチンが戦勝記念日「軍事パレード」を中止した超なさけない事情

 5月9日の対ドイツ戦勝記念日に、首都モスクワをはじめロシア全土で開催されてきた「不滅の連隊」や「軍事パレード」が、今年はほぼ全面的に中止される見通しとなった。「安全上の理由」とされているが、背後にはウクライナに追い詰められたプーチン大統領の、のっぴきならない事情が横たわっていた。

 不滅の連隊は、市民らが戦死した兵士らの遺影を掲げて行進する恒例行事。中でもモスクワにある赤の広場で挙行される不滅の連隊は、プーチンも参加する国家的行事に位置づけられてきた。ウクライナとロシアの軍事情勢に詳しい国際軍事アナリストは、

「ウクライナ軍がロシア中部への爆撃に使用し始めたドローンは、旧ソ連製のTU141無人偵察機に独自の改良を加えたもので、モスクワへの爆撃も可能な、1000キロの航続距離能力を有している。プーチンが赤の広場での不滅の連隊の開催を中止したのは、行進中に攻撃を受けて爆死するのを恐れたから、というのが軍事専門家の一致した見方です」

 加えてプーチンは、アメリカの諜報機関などが、プーチン暗殺のために秘かに送り込んだスナイパーの影に神経を尖らせており、爆死と暗殺に怯える自身の姿を糊塗するためにも、ロシア全土での不滅の連隊の開催を中止せざるをえなかったというのだ。

 同様に、ロシア全土で開催される軍事パレードも、ドローン攻撃の格好の標的になりうる。中でもウクライナと国境を接するクルスク州やベルゴロド州、ブリャンスク州といった地域、さらにはロシアが一方的に併合したウクライナ南部のヘルソンやクリミア地域では、早々と開催の中止が決定、公表される事態に立ち至っている。

 だが、軍事パレードの中止には、別の理由も指摘されている。

「ズバリ、戦車をはじめとする兵器を軍事パレードに回す余裕がないほど、戦況が悪化しているからです。事実、昨年のモスクワでの戦勝パレードでは、悪天候を口実に、目玉の航空ショーが中止されている。今年は赤の広場での軍事パレードだけは開催されるようですが、ロシア軍は『貧すれば鈍する』の瀬戸際状態に陥っています」(前出・国際軍事アナリスト)

 窮鼠プーチンは今、ついに「袋の鼠」にまで追い込まれてしまったようだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・渡会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人