芸能

マシンガンズ「結論なんですけど、みんな芸人が好きなんですよね」/テリー伊藤対談(2)

テリー ネタはどっちが考えるの?

西堀 2人ですね。OLの給湯室みたいに、2人で集まって、「あいつ嫌だね」って言って。

滝沢 さっきもコーヒーショップで持ち寄った不満を言って、「あ、それ、わかるわ」ってなったらメモしてました。

テリー 基本的には不満?

滝沢 不満ですね。

西堀 仕事行って、腹立ったことをメモっといて、それを漫才にして発散してるんです。

滝沢 だからもう「嫌なこと起これ」って思います。

テリー でもさ、これからどんどん売れて、億の収入になって、ハイヤーの迎えでテレビ局に入ってさ、スタッフに「マシンガンズさん、こちらです」なんて言われたら、そういうネタってどうなっちゃうの?

西堀 もっとお金が入ってきたら芸風変わるでしょうね。やっぱり「ほんとに貧乏人って邪魔だよな」とか言ってると思います。「俺の方が税金多く払ってるんだから道あけろよ」とか。

テリー 俺さ、(ビート)たけしさんとずっと仕事してたでしょう。あの人、敵を作る天才なんだよね。例えば「an・an」の表紙に「これからはショート(カット)だ」って書いてあるじゃない。そうすると、「ふざけんな、ショートなんかどこがいいんだよ」とか言うんだよ。別にそんなこと言う必要ないのに。

滝沢 敵がいると怒りのパワーが湧くんですかね。

テリー そうなの。本人がいちばん金持ってるし、幸せなのに「ふざけんじゃねえ」って。俺、「ふざけてるのはお前だよ」っていつも思ってたんだけど。

西堀 アハハハハ。でも、たけしさんもそういう感じだったんですね。

滝沢 上を見たら金持ちなんかいくらでもいますもんね。IT企業の社長とかは叩いてるかもしれないですね。

テリー でも、芸人さんって近くで見てると面白いよね。この前、西堀さんは「芸人という病」って本を出したでしょう。

西堀 はい。ずっとYouTube(「西堀ウォーカーチャンネル」)で僕の周りの売れてない芸人を、ドキュメンタリーみたいに撮ってたんですよ。主に事務所の後輩なんですけど。そしたら、それを「面白い」っていう人が出てきて、出版社から「本にしませんか」って声をかけてもらって。それで改めてそいつらに取材したんですけど、その時に単純に「みんな売れてないのに、何で芸人続けてるんだろう」って疑問に思ったんですよ。

テリー そんなに貧乏しなくても、もっと稼げる仕事がたくさんあるのにね。

西堀 でも、結論なんですけど、みんな芸人が好きなんですよね。芸をやりたいというより、芸人でいることを望んでるんですよ。だから、「芸人って職業じゃなくて、生き方みたいだな」と、最後思っちゃって。

テリー みんなひどいアパートに住んでね。

西堀 底辺みたいな奴らなんですよ。だけど、みんな「芸人でいたい」って言ってて、それが「病気に罹かかってるみたいだな」と。

テリー でも、読ませてもらうと、不思議とうらやましくも感じるよね。

西堀 あ、それ出版社の人も言ってました。例えば土木作業に行って、日給1万円もらって、次の日朝昼晩食って、酒飲んで帰る頃には300円しか持ってないみたいな奴がいるんですけど、すごく楽しそうなんですよ。「別に貧乏だからって、全部がツラいわけじゃないぞ」っていう。

テリー ほんとだね。でも、みんな病院は行ってるの? 健康診断とかさ。

西堀 いや、行ってないですね。そんな金があったら全部飲んじゃう。みんな実に気持ちのいい生き方をしてますよね(笑)。

ゲスト:マシンガンズ 滝沢秀一(たきざわ・しゅういち)1976年、東京都生まれ。西堀亮(にしほり・りょう)1974年、北海道生まれ。池袋のカルチャースクールで出会った2人が意気投合し、1998年にコンビ結成。「爆笑レッドカーペット」(フジテレビ系)などに出演し、人気に。2007年から2年連続で「M-1グランプリ」(テレビ朝日系)準決勝進出。今年5月、「THE SE COND ~漫才トーナメント~」(フジ系)で準優勝し、再び注目を集める。滝沢は「このゴミは収集できません」(角川文庫)ほか著書多数。西堀の初の著書「芸人という病」(双葉社)が発売中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白