スポーツ

大物OBが動画で怒りの呼びかけ!悪質阪神ファン「くたばれ読売!」ヤジ撲滅運動

 阪神タイガースが4月9日、広島を1-0で下して、本拠地開幕戦を飾った。12球団最後となった本拠地での初戦、先発した昨年MVP・新人王をダブル受賞の村上頌樹は、広島打線を7回まで2安打無失点と完璧に封じ込めると、8回にゲラ、9回を岩崎優がそれぞれ無失点。5回に近本光司が放ったタイムリーヒットの1点を守り切ったのだ。

「完封勝ちに阪神ファンは大いに沸いたのですが、そんなファンをザワつかせる出来事が、試合前に起きていたのです」

 そう語るのはスポーツ紙デスクだ。続けて、

「阪神は球団の公式Xに『観戦マナーに関するお願い』と題した一文をアップしたのです」

 球団は次のような要望を投稿。

〈今シーズンもご来場のお客さまひとりひとりが観戦マナーを遵守し、すべての皆様が楽しく快適に観戦できる環境を作り上げ、健全な応援でチーム・選手を鼓舞していただきますよう、心よりお願いいたします〉

 これに球団OBの能見篤史氏によるVTRも添えたのだ。能見氏はファンによる「くたばれ」という罵声について、

「その言葉、あなたが言われたらどんな気持ちですか。忘れないでほしい、選手もチームも野球も、好きで応援していることを。すべての選手に愛のある声援を!」

 観戦マナーに対する球団からの要望は、神宮球場でのヤクルト3連戦でも出されている。試合前、オーロラビジョンに「チーム、選手を誹謗中傷するようなヤジや侮辱的な替え歌の合唱はお止め頂きますようお願いいたします。選手を勇気付ける温かいご声援をよろしくお願いいたします」という一文が掲載されたのだ。

 応援団のトランペットに合わせて「くたばれ読売、そーれいけいけ!」と叫んだり、7回裏開始前恒例の「東京音頭」の前奏では「くたばれ読売、くたばれ読売」の合唱も。

 悪質な野次撲滅のため、当の阪神球団も甲子園開幕戦を前に、ファンをたしなめざるをえなかったのだ。前出のスポーツ紙デスクが言う。

「敵チーム、あるいは味方チームの選手に対する悪質な野次問題は、別に阪神に限った話ではなく、12球団共通のテーマですが、阪神ファンは特に悪目立ちしてしまうことが多い。OBに動画でこんなお願いをされてしまうのは、恥ずかしいと認識した方がいい。このままではJリーグなどのように、悪質なファンの入場禁止や無観客試合といった厳しいルールを導入せざるをえなくなってしまいます」

 誰もが嫌な思いをしないですむような、マナーのある応援スタイルで臨みたい。

(石見剣)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった