芸能

日テレ・水トアナの癒し素顔を徹底調査!(3)太った痩せたは国民的関心事?

20150226n

「男目線では触り心地がよさそうだし、女目線でも親近感が増したのでしょう。それに本人はぽっちゃりと言われることに対して、まったく抵抗がないようです」(日テレ関係者)

 体形のことを指摘されると、ミトちゃんはむしろ大はしゃぎで、こう返す。

「痩せたらかわいいよね、とか一度も言われたことないんですよー!」

 昨年、総合司会を務めた「24時間テレビ」の制作発表記者会見では、

「これで番組が盛り上がるなら」

 と、乳房から二の腕にかけて今にもはちきれんばかりのピチピチな、明らかにサイズの小さいTシャツを着て登場した。

「ハプニングかと思われているのですが、実は話題作りのために彼女も協力した“演出”です。あえてあの恥ずかしいパツパツ状態の上半身をさらしてくれたんです。見上げたプロ根性です」(番組関係者)

 イロモノキャラも演じられる一方、“役者”としての才能も備えていることが、同番組で証明された。

「最大の見せ場である、マラソンのゴールシーンでした。直前までスタッフとにこやかに談笑していたのに、いざゴールシーンの中継に入ると、表情は一変。瞳に涙を浮かべてレポートしていたのです。いつでも泣ける演技力の高さ、切り替えの早さは、女優としても十分に通用するでしょう」(番組関係者)

 ところが、みごとに大役を果たした昨年8月末以降、水卜アナの体に異変が起きる。それまでムッチムチのボディが、驚くほど痩せてしまったのである。週刊朝日14年11月28日号「マリコのゲストコレクション」では、林真理子氏が本人と対談。

〈痩せた太ったは国民的関心事〉

 と林氏に言わしめたとおり、この「激痩せ」を巡っては多くの報道が相次いでいる。

「ふだんは弱音を吐かない彼女も、この時ばかりは『2週間以上休みが1日もないんですよ』とぼやいていたほど、『24時間テレビ』前後は激務だったよう。そのストレスで痩せてしまったのでしょう。確かにかわいいのですが、やはりぽっちゃりじゃないと、水卜さんの持ち味が出ませんでした」(番組制作スタッフ)

 そんな声を感じ取ったのか、またすぐにリバウンドして、それまで以上に体重を増やしたように見える。

「キュロットやミニスカを着用することが多いのですが、太腿が程よく肉感的で、男性にとってはエロスを感じます。脚のラインがきれいなのもポイントです」(丸山氏)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
5
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!