芸能

天才テリー伊藤対談「紀里谷和明」日本の映画業界でヘンな噂が…!?

20151119s

テリー 前作から約6年ぶりの新作ですけど、これだけ時間が空いた理由は?

紀里谷 いや、単純な話です。俺のところに監督のオファーがまったく来なかったんですよ。

テリー え~っ!? 俺はてっきり、たくさんのオファーがあるのに「これはやりたくない」って断ってるんだと思ってましたよ。

紀里谷 そんなこと、全然ないです。撮れるもんなら毎年1作撮りたいぐらいなんですから。

テリー それは意外だな。

紀里谷 まず最初に作った「CASSHERN」という映画で、俺の評判がものすごく悪かったんですよ。

テリー え、何でそんなことになっちゃったの?

紀里谷 映画の作り方もよくわからないまま、いきなりあんな大作を手がけたこともあるかもしれないんですが、現場が混乱して思うように動いてくれないので、大勢のスタッフのクビを切っちゃったんですよ。

テリー そうか、現場の人とソリが合わなかったと。

紀里谷 確かに自分も突っ走っちゃったところはあるかもしれないです。でも、しかたがないんですよ。キャストの方たちにも迷惑がかかるし、こっちはいいもの作らなきゃいけないって思ってやってるわけだから。

テリー よーくわかります。俺はテレビだけど、似たようなこといっぱいやって、2カ所出入り禁止になってる(笑)。

紀里谷 マジですか? 俺も似たようなもんですよ。それ以来、業界では「紀里谷はめんどくさい」「予算をオーバーする」「納期も守らない」って根も葉もない噂が立つようになったんですよ。そんなこと一度もないのに。

テリー 尾ヒレが付いて、どんどん噂が大きくなったんだ。

紀里谷 でも、「CASSHERN」公開後に、逆に海外からたくさんの反響やオファーをもらったんですね。今回の映画は、その時の人脈があったからできたようなものなんです。おかげさまで、今までの映画に比べて予算は比べ物にならないぐらい増えました。

テリー それは映像を観れば一目瞭然ですよ。すごく贅沢な絵になってる。

紀里谷 街全体にモヤがかかっているふうに見せたかったので、スモークを使ったんですけど、あれ1日に250万かかるんですよ。

テリー うひゃ~! スモークは風が吹くと消えちゃうから大変だ。でも、お金をかけただけの作品になりましたよ。これから「忠臣蔵」の季節を迎えるし、この時期、この作品を観るのはすごくいいと思うな。作品の反響はどうですか?

紀里谷 日本での試写の段階では、今のところ評判は悪くないです。とりあえず、ホッとしてます(笑)。

テリー これだけの作品なんだから、たくさんの人に観てもらいたいよね。監督として、この作品で伝えたいこととは何ですか?

紀里谷 今の社会って、とにかく形があるものがすごく重要視されるじゃないですか。だけど、やっぱり愛だとか誇りだとか、目に見えない大事なものってあると思うんですよね。この作品を観終えたあとに、「明日、ちょっとだけ頑張ってみよう」とか、「正義っていいんじゃねえの?」みたいに少しでも思ってもらえるとうれしいですね。すごく青臭い言い方で恥ずかしいんですけど(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」