芸能

天才テリー伊藤対談「山本晋也」(2)25歳の若さで監督デビューは凄いね

20160623n

テリー 当時のピンク映画の現場というのは、どんな雰囲気だったんですか?

山本 とても活気がありましたよ。松竹や東宝、大映などの大手5社やフランス映画のヌーヴェルヴァーグなんかより、よっぽど斬新で過激でしたから。

テリー 新しい才能や表現が、どんどん出てきた時期ですもんね。

山本 チーフ助監督になると、予告編を撮らせてもらえるんですよ。今だと本編のシーンを編集して作るけど、当時はチーフ助監督が独自に撮影できてね。短いとはいえ自分の作品だから、うれしいんだよ。

テリー へぇ~! すごく贅沢だなぁ。

山本 本番中に「ここ」と思う場面があったら、「監督すみません、予告編いただきます」とか言って撮影させてもらってね、監督も現場を空けてくれるんだ。この予告編の出来で演出力を認められれば、監督に昇格できるかもしれないから、まさに腕の見せどころなんですよ。

テリー それは気合いが入りますね。

山本 でも、初めて予告編を作った時に問題が起きちゃってね。ふと思いついて、レイプされた女性が全裸になって、井戸端で水をかぶって身を清めるという場面を撮ったら、そこで映倫と揉めちゃったんだ。

テリー そりゃまた何でですか?

山本 予告編でそういう場面を見せてはダメだ、と。恐らく全裸が引っ掛かったんだろうね。

テリー そんなインパクトもあって、25歳の若さで早くも監督デビューを果たすんですね。

山本 当時は5社の監督も会社に内緒で名前を変えてピンク映画を撮ってたんだけど、当初予定されていた監督がどうやらクランクイン直前に会社にバレて連れ戻されちゃったみたいで、チーフだった僕が急きょ抜擢されたんです。まあ、運がよかったんですよ。その時のプロデューサーに「3本までは面倒見るから、その中で1本でもヒットしたら、監督として認める」と言われてね。で、3作目がヒットしたから、そのまま撮り続けられたんだよ。

テリー やっぱり才能があると思いますけどね。しかもデビュー作の主演は、3大ピンク映画女優の一人、松井康子さんじゃないですか。日本的な美人で、僕も大好きでしたよ!

山本 彼女は助監督時代からなぜか僕を気に入ってくれてね、「アンタが監督になる時は必ず主演してあげる」って言われてたんですよ。実は最初、別の女優が決まってたんだけど、電話したら「もちろん、出演させてもらうわ」と。

テリー いい話だなぁ。

山本 会社も喜びました。「それだけの女優が出てくれるなら文句ない」って。

テリー その後たくさんの作品を撮られましたけど、やっぱりカントクの代表作といえば大ヒットした「未亡人下宿」シリーズですよね。それまで、どちらかと言えば湿っぽいイメージだったポルノ映画に、くだらないギャグをバンバン入れて。

山本 フフフ、おもしろかったでしょう?

テリー あれで、映画ファンや若者たちが「山本晋也はスゴい!」って盛り上がったんですよ。まさに、日本のポルノ映画の価値観を変えた作品でしたね。

山本 自分では、そういう意識はなかったですけどね。若いうちから好きなことをやって、またそれが許された時代だったので、やっぱり運がよかったんですよ。当時の映画監督といえば、撮影所で何十年も修業してなるものでしたから、ある夜、ゴールデン街で飲んでたら、隣にいた東映の50過ぎの助監督に「お前に俺たちの苦労がわかるか!」って泣かれました(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
2
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
5
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?