スポーツ

モハメド・アリ 日本にと轟いた「ザ・グレーテスト」秘話!(3)あのテーマ曲はアリから贈られた

20160623u

「実はね、合意していたエキシビションマッチは韓国内で行うことを計画していました。やるかやられるかの殺伐とした試合ではなく、自由にやらせてあげたかった」(新間氏)

 ところが、猪木戦を終えたアリの体は、すでにボロボロだったという。

「アリはね、ファンが見ているところではしっかり歩いていたんだけど、エレベーターの中では足を引きずっていて、悲惨な状態でした。その証拠に帰国後、血栓症を患って、入院しているんです。一方の猪木さんだって、アリのパンチが顔面をかすっただけで腫れ上がっていましたよ」(坂口氏)

 結局、2人の再戦が実現することはなかった。

 それでも、世紀の試合で肌を合わせた2人はあの一戦でわかり合えた。その後、猪木とアリは急接近。誰もが知る猪木のテーマ曲「炎のファイター~INOKI BOM-BA-YE~」はアリから贈られたものだ。

 90年の湾岸戦争時に猪木がイラクに渡って日本人の人質解放を交渉した際も、米国人の人質解放で成果を上げていたアリがフセイン大統領に口添えをしていたことが功を奏したという。

 95年には猪木がプロレス興行を推進して北朝鮮で開催されたイベント「平和の祭典」に出席するため、アリもピョンヤンを訪問した。

「とはいえ、パーキンソン病を発症し、アリは車椅子の痛々しい姿でした。でも、義理堅い人でね。人種差別の問題に敏感で、しかも信念があったから、喜んで出席してくれた」(坂口氏)

 99年、猪木の引退試合にも、アリは当然のように顔を見せている。

 40年前の調印式では、猪木の突き出た顎を揶揄し、

「ペリカン野郎、今すぐ叩きのめしてやる!」

 と挑発したアリだが、その後の人生では折に触れて、猪木との交流を深めていたのである。

 坂口氏が感慨深げに語る。

「3年くらい前にアリ戦のDVDが出たんですよ。それをあらためて観戦したんですけど、まさにガチンコで迫力がある。当時、何も知らない世間は凡戦などと評しましたが、15R、互いに一瞬のスキもなかった、語り継ぐべき名勝負だったと思いますね」

 蝶のように舞い、蜂のように刺す! 偉大なボクサーに合掌。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
3
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること