スポーツ

モハメド・アリ 日本にと轟いた「ザ・グレーテスト」秘話!(3)あのテーマ曲はアリから贈られた

20160623u

「実はね、合意していたエキシビションマッチは韓国内で行うことを計画していました。やるかやられるかの殺伐とした試合ではなく、自由にやらせてあげたかった」(新間氏)

 ところが、猪木戦を終えたアリの体は、すでにボロボロだったという。

「アリはね、ファンが見ているところではしっかり歩いていたんだけど、エレベーターの中では足を引きずっていて、悲惨な状態でした。その証拠に帰国後、血栓症を患って、入院しているんです。一方の猪木さんだって、アリのパンチが顔面をかすっただけで腫れ上がっていましたよ」(坂口氏)

 結局、2人の再戦が実現することはなかった。

 それでも、世紀の試合で肌を合わせた2人はあの一戦でわかり合えた。その後、猪木とアリは急接近。誰もが知る猪木のテーマ曲「炎のファイター~INOKI BOM-BA-YE~」はアリから贈られたものだ。

 90年の湾岸戦争時に猪木がイラクに渡って日本人の人質解放を交渉した際も、米国人の人質解放で成果を上げていたアリがフセイン大統領に口添えをしていたことが功を奏したという。

 95年には猪木がプロレス興行を推進して北朝鮮で開催されたイベント「平和の祭典」に出席するため、アリもピョンヤンを訪問した。

「とはいえ、パーキンソン病を発症し、アリは車椅子の痛々しい姿でした。でも、義理堅い人でね。人種差別の問題に敏感で、しかも信念があったから、喜んで出席してくれた」(坂口氏)

 99年、猪木の引退試合にも、アリは当然のように顔を見せている。

 40年前の調印式では、猪木の突き出た顎を揶揄し、

「ペリカン野郎、今すぐ叩きのめしてやる!」

 と挑発したアリだが、その後の人生では折に触れて、猪木との交流を深めていたのである。

 坂口氏が感慨深げに語る。

「3年くらい前にアリ戦のDVDが出たんですよ。それをあらためて観戦したんですけど、まさにガチンコで迫力がある。当時、何も知らない世間は凡戦などと評しましたが、15R、互いに一瞬のスキもなかった、語り継ぐべき名勝負だったと思いますね」

 蝶のように舞い、蜂のように刺す! 偉大なボクサーに合掌。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大きさに戸惑う声も!藤田ニコル、「背泳ぎプカプカ」バスト動画が艶すぎるッ
2
高岡早紀、胸縮小疑惑はフェイク?ふっくらバストショットを大胆披露
3
アンダーウェアで外出か!?男子を騒然とさせたマギーのデート写真
4
さらば森田「ギャラ未払いの超人気バラエティ番組」告発で飛び交う憶測!
5
石原さとみ、「お団子ヘア」が発端で浮上した「脱毛に関する疑惑」