芸能

天才テリー伊藤対談「紀里谷和明」大物俳優たちからまさかのOKが!

20151119g

●ゲスト:紀里谷和明(きりや・かずあき) 1968年、熊本県生まれ。83年、15歳で単身アメリカへ渡り、デザイン・音楽・絵画・写真などを学ぶ。94年、写真家としてニューヨークを拠点に活動を開始。以降、数々のアーティストのジャケットやミュージックビデオ、CM制作を手がける。PV撮影を通じて知り合った宇多田ヒカルと02年に結婚(07年に離婚)。04年、「CASSHERN」で映画監督デビュー。09年には2作目「GOEMON」を制作、俳優として出演も果たした。11月14日より、初のハリウッド進出作「ラスト・ナイツ」がTOHOシネマズ、スカラ座他にて全国ロードショー。

 いち早くCGを大胆に導入した斬新な映像が話題を呼んだ「CASSHERN」でデビュー後、映画監督としてその才能を発揮している紀里谷和明。今回、ハリウッドで撮り上げた最新作をいち早く観た天才テリーは大感激! 興奮冷めやらぬままに、その舞台裏を直撃した!

テリー 紀里谷さんの最新作「ラスト・ナイツ」を観させていただいたんですけど、とてもおもしろかった。すばらしい映画でした。

紀里谷 ホントですか? それはうれしいなぁ。ありがとうございます。

テリー これ、物語のベースは「忠臣蔵」ですね?

紀里谷 そうです。侍を西洋のナイト(騎士)に置き換えて、主君に対する忠誠心や誇りみたいなものを描きたいと思いました。

テリー 紀里谷さんのハリウッドデビュー作になるわけですけど、これはどういう経緯で?

紀里谷 前作の「GOEMON」を撮り終わったあとに、海外のプロデューサーから脚本が持ち込まれたんですよ。これがそれまでに読んできた何百本という脚本の中でも久々によく書けたものだったので、もう興奮して「すぐ撮らせてください」とお願いして。

テリー 一目ボレですね。その脚本は、映画そのままの内容でした?

紀里谷 いや、実はけっこう変えてます。最初は「忠臣蔵」の物語をそのまんま、外国の役者を使って、日本で撮影するという内容だったんです。

テリー へー、絵だけ想像すると、何か奇妙な感じじゃないですか。

紀里谷 そうなんです。あと、そもそも「忠臣蔵」自体、日本では、すでにいろいろな形ですばらしい作品がありますから、わざわざ英語劇にしてやってもしょうがないだろう、と。

テリー それはそうだね。

紀里谷 そこで思い出したのが、黒澤明監督の「乱」なんですよ。あれはシェイクスピアの「リア王」を戦国時代の日本に置き換えた話だったから、その逆をやればいいんじゃないかと。で、どうせそこまでやるなら、いっそ人種の壁を超えた話にしたいって提案したんです。

テリー なるほど。それでいろいろな国の役者がキャスティングされているし、架空の国の設定になってるんですね。

紀里谷 そうなんですよ。

テリー モーガン・フリーマンをはじめ、そうそうたる役者陣が参加してますけど、これはどのぐらい紀里谷さんの希望が通ったんですか?

紀里谷 モーガン・フリーマンと(主演の)クライヴ・オーウェンに関しては100%ですね。まず、この2人からOKが出るとは思わなかったので、これはうれしかった。それ以外についてはキャスティングディレクターと相談しながらオファーしていきました。

テリー 出演者の中では、俺は悪役のアクセル・ヘニーがすごくよかったと思いましたね。もう見るからに変態で(笑)。

紀里谷 ええ。彼はノルウェーの俳優で、前から「ヘッドハンター」っていう主演映画が大好きだったんですよ。「出てくれるかもしれない」って聞いた時は驚きましたね。

テリー 日本人代表の役者さんは、伊原剛志さんでしたね。

紀里谷 伊原さんは以前からちょっと面識があったので、スケジュールが大丈夫かどうか直接メールしたんですよ。そうしたら「空いてます」って知らせてくれたので「では、お願いします」と。

テリー 伊原さん、カッコよかったなぁ。個人的には、今まで観た伊原さんの役の中でいちばんよかったかもしれない。

紀里谷 あ、それはホントにうれしいな。伊原さんも喜ぶと思いますよ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」