芸能

指原だけじゃない!AKB48“知名度ゼロ”メンバーのお忍び被災地訪問に称賛の声

20160528tano

 先日、HKT48指原莉乃が熊本にボランティアで訪れたことが現地で指原を見かけた多くの人々により拡散され話題になった。しかし、AKB48グループで被災地を訪れたのは指原だけではない。

「AKB48チームKの田野優花も、舞台で共演したエハラマサヒロらとともにお忍びで22日に熊本を訪問していたことが一部のツイートによって明らかになっています」(アイドル誌ライター)

 ただ、田野という名前を聞いてピンとこなかった人も多いように、現地での目撃情報は指原と比べて格段と少なく、田野の被災地訪問の話題もAKB関連のまとめサイトで紹介されるぐらいにとどまっている。

「田野はAKBに加入した11年を除き、選抜総選挙で過去4度ランクインしていますが、最高位は38位ですから、ファンを除けば世間の知名度はゼロに等しいのは否めません」(アイドル誌ライター)

 しかし、今回の田野の行動はAKBファン全体から称賛の声が集まっているという。

「AKBグループは東日本大震災の被災地訪問も定期的に行ってきましたが、あくまでそれはグループとして。そして事務所にスケジュールに組み込まれているということは、言ってしまえば“仕事”の一環です。個人的にオフを利用して被災地訪問をするメンバーはほとんどいないのが現状。また、個人的にアクションを起こしたいと思っても、指原クラスの知名度があるメンバーでなければ、少ない給料の中から自腹を切ってまでなかなか行動に移すことは難しいでしょう。そんな中、アクションを起こした田野は立派ですね。AKBグループはツイッターやモバイルメールなど、自身の近況をファンに伝えるコンテンツが充実していますが、田野はこの事実を一切報告していないのも好感が持てる。最初から話題にならないことを承知で起こした、アイドルとしてではなく一人の人間としての行動ですね」(前出・アイドル誌ライター)

 冠番組ではハキハキとした物言いで毒舌ぶりが光る田野だけに、人によっては好き嫌いがわかれやすいが、「全然知らなかった。根は優しい子なんだね」「こういうことが拡散されると総選挙の売名と言われそうで気の毒」「AKBをやめても立派な社会人になれそう」など、ファンならずとも心温まったようだ。

 なにはともあれ、今回の行動は文句なしに「素晴らしい」の一言だ。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった