政治

舛添要一 政治資金不正使用疑惑でも知事の座にしがみつく「銭ゲバ&金欠」事情(2)

20160602o

 この関係者は「彼を信頼し、後押しした我々のミスでもある」と、舛添氏を都知事にまで押し上げたことを懺悔するが、事実、都庁職員からは怨嗟の声が噴出している。

「各部署の部長クラスからは『マスコミによけいなことをしゃべらないように』とのお達しがありました。都民などから苦情の電話がひっきりなしにかかってくるし、『とっとと辞めてくれ』と言うしかありません」

 口封じも奏功せず、まさに八方塞がりのようだが、舛添氏にはどうしても知事の座にしがみつかねばならない理由があるという。まず、都知事選で支援を受けた自民党からの圧力だ。

「都議会側は18年2月の任期まで舛添氏に務めてもらう予定です。再選挙には莫大なお金がかかるし、推薦した自民党への批判も大きい。政治家として稚拙な行動を取り、混乱を引き起こしたのだから、批判全てを受け止めるサンドバッグの役目を果たしてもらう」(自民党関係者)

 何より大きいのは、自身の懐事情だ。

「2度の離婚による慰謝料、現妻との間に2人の子供がいるほか、男女関係にあった女性との間に認知した2人の子供への養育費がかさみ、蓄えはほとんどないようです。にもかかわらず、ナイフや美術品収集といった金のかかる趣味がある。生活水準を下げられないのもネックです」(都庁関係者)

 政治家ともなれば、退任後も地元の厚遇を受けるのが普通だが、

「かつて参議院で比例出馬したのは、地元・北九州での支援がまるで見込めなかったから」(地元関係者)

 と、人徳もない。舛添氏は自身の著書で、認知症を患い体が不自由だった実母を〈東京から九州に、週末ごとに通う遠距離の介護が7年間続きました〉と親孝行をアピールしていたが、これにも、

「近所の人はほとんど誰も本人を見ていませんよ。そういえば今回の騒動前、舛添さんの同級生が講演をお願いしたところ『いくら出せるの? 300万円くらいでないと受けないよ』と言われたんです。北九州の恥ですよ」(地元住民)

 07年、麻生太郎氏に対し「バカと一緒にやりたくない」と発言した舛添氏。銭ゲバ&金欠が原因で、それが今、ブーメランのように返ってきそう‥‥。

カテゴリー: 政治   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」